引越しのときに役立つ! 不要品の処分方法

引越しのときに役立つ! 不要品の処分方法

引越しとなると、洋服や家具、これまで使ってきた日用品など、処分するものが大量に出るもの。でも、実際に処分しようと思うと、どうすればいいか分からない……と思うことが多い。そこで、暮らしスタイリストの河野真希さんにアドバイスを頂きました。

処分方法は大きく分けて3つ!

不要品の処分方法は、「捨てる」「売る」「譲る」の3つに分類できます。それぞれの方法に適したものがあるので、メリット・デメリットも含めて詳しく紹介していきます。

捨てる

不要品の処分法で真っ先に思いつくのが「捨てる」こと。ただ、有料だったり、大きいものを捨てるときはルールがあったりと、知っておきたいポイントがいくつかあります。

◎自治体に回収してもらう
一辺がおおむね30cmを超えるものは、粗大ごみ扱いとなります。処分するときには、以下の手順が必要です。
※粗大ごみの大きさの基準や処分方法は自治体によって異なります。お住まいの地域の自治体のサイトやパンフレットなどでご確認ください。

1. 処分する物の高さ、幅、奥行きをそれぞれ計っておく。
2. 現住所を管轄している自治体に連絡(電話やインターネットなど)をして、不要品のサイズや数を伝え、引き取り費用を確認する。
3. 回収に来てもらう日程、どこに置いておくか(玄関先、集合住宅下など)を確認する。
4. 引き取り費用分の“粗大ごみ処理券”を、コンビニなどで購入し、不要品に貼る
5. 回収日に所定の位置に不要品を出しておく

自治体によって引き取りにかかる費用が違うので、自分が今住んでいる所と引越し先の自治体が異なる場合は、両方の費用を問い合わせて安いほうで捨てるのも手です。また、引越し当日が回収日なら、引越し業者によっては不要品をごみ置き場などまで運んでくれることもあるので、頼んでみるといいですね。

もしも回収日の予定が合わなかった場合は、自分で自治体の処分場に持ち込む方法もあります。自治体によっては、持ち込むことで引き取り費用が割引になる場合もあるので、車を持っているなど運搬手段がある人にはオススメです。

◎引越し業者に頼む
引越し当日に、ベッドやソファといった大型のものを引き取ってくれる引越し業者もあります。見積もりを相談する際、処分したいものの引き取り金額も含めて算出してもらうといいですね。

引越し業者によって、不要品一つひとつに引き取り額がかかるケースと、「まとめていくら」と算出するケースがあるので、不要品の数が多い人は「まとめて算出」してくれる引越し業者に頼めば、自治体より安上がりになることも。

◎家電量販店に頼む
テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などは、家電リサイクル法に基づき、自治体でごみとして回収することができません。処分するときは、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」が必要になります。家電量販店に問い合わせて引き取ってもらうか、郵便局で購入した家電リサイクル券を貼って指定取引場所まで持ち込みましょう。

ちなみに、観葉植物やガーデニングなどに使われる土や石も、自治体では回収してもらえません。専門の回収業者に頼むか、引き取りをしている園芸店やホームセンターを探して処分するようにしましょう。

売る

最近は、フリマアプリの普及で誰でも簡単に不要なものを売ることができるようになりました。特に、ブランド物の洋服や食器は需要があるので、買い手がつきやすいですよ。

◎宅配買い取りサービスを利用する
「宅配買い取りサービス」とは、段ボールに売りたいものを詰めて送り、値段を査定してもらうというもの。売りたいものが大量にある人には便利なサービスですね。ブランドの洋服やカバン、靴などが多い人は「ブランディア」や「ZOZOTOWN」がオススメです。査定額がつかないものに関しては、業者によって「売り手に返却する」「そのまま処分してくれる」という2パターンがあるので、査定後の対応もチェックしておきましょう。


◎フリマアプリで売る
査定された金額ではなく、自分で値段を設定したい人は「メルカリ」や「ラクマ」といったフリマアプリがオススメです。洋服、本、インテリアグッズ、家電など、いろいろなものを出品でき、リサイクルショップの査定額より割高で売れる可能性もあります。ただ、商品の撮影、説明書き、発送などを自分で行わなければならず、いつ売れるか分からないというリスクもあるので、「引越しまで時間がない!」という人には不向きかもしれません。

◎リサイクルショップに持ち込む
「すぐにでも売りたい!」という場合は、その場で査定をしてくれるリサイクルショップに直接持ち込むのが早いですね。ただ、家電は新商品が発売されるサイクルが早いので、製造から5年以上たっているものは、重たい思いをして持ち込んでも期待するような査定額にはならないかもしれません。

譲る

家具、家電といった大きなものは、捨てるだけでもお金がかかってしまいます。そういうものは、もらってくれる人を探すという方法も。また、本や洋服は「寄付」という手段もあります。

◎SNSで欲しい人を募集する
最近は、SNSなどで「ソファ譲ります! ◯月△日までに連絡ください」と募集して、引き取り手を見つけている人も多いんですよ。ただ、送料や配送手段など、すべてが直接交渉になるので、「送料負担していただける方」「直接取りにきてくれる方」など、条件を提示して募集したほうがいいですね。また、誰でも見られるオープンなSNSでは、見ず知らずの人から問い合わせが来てしまうことも。利用するSNSを限定したり、友人や知人だけが閲覧できるように設定するなど、トラブルにならないように注意しましょう。

◎寄付受付団体やサイトを利用する
まだ使える洋服や靴、アクセサリーなどを処分したいときは、箱に詰めて送ることで開発途上国などに寄付できる団体やサイトがあります。「リサイフク」は、サイトで申し込みをして送るだけ! 佐川急便を利用すれば着払いで送れるので、送料もかかりません(※一部の地域を除く)。また、赤ちゃん用品を扱う通販サイト「赤すぐnet」には不要品を送ると、開発途上国へワクチンが寄付される「古着deワクチン」というシステムがあります。1080円の利用料(段ボールを自分で用意した場合)がかかりますが、送料無料、さらにサイト内で使える1000円クーポンがもらえるので、負担額はかなり安く済みます。汚れがひどいものや破れているものはダメなど、各団体・サイトで条件があるので、よく確認してから送りましょう 。

本の場合は、図書館に寄付するという手もあります。いきなり送りつけることはせず、必ず事前に寄付の有無や方法を問い合わせるようにしましょう。

大型量販店では衣料品の回収を行っていることも!

衣料品は、メーカーがリサイクル回収を行っていることも。2016年7月現在、無印良品やユニクロでは、自社製品を常時無料で回収しています。また、H&Mでは自社製品だけでなく、他社のものも引き取ってくれますよ。しかも、1袋につきH&Mで使用できる500円の割引券(1回につき2枚まで・3000以上の買物をした場合に使える)がもらえるという、うれしいおまけ付きです。

不要品を譲るにしても、売るにしても、引越しの直前ではできないもの。引越しが決まったらまずは、手放すものを決めて、それをどう処分するのかを考えるのが何よりも大事なよう。また、自治体に相談すると、「一人で運べないから上まで取りに来てほしい」といったことも、意外と融通をきかせてくれる可能性もあるとか。困ったときは、まずは自治体に相談してみるといいかも。

取材協力:暮らしスタイリスト、一人暮らしアドバイザー 河野真希
HP:http://kawano-maki.net/

処分方法の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる