引越しのキャンセル方法と、キャンセル時に見落としがちな段ボール処分の裏ワザ、教えます

引越しのキャンセル方法と、キャンセル時に見落としがちな段ボール処分の裏ワザ、教えます

引越しに際して、いざ引越し会社を決めても、やむを得ない事情で日程を変更しなければいけなかったり、予想外に荷物が多くなったりと想定外のことは起こるものです。そのようなとき、なかには一度契約した引越し会社をキャンセルし、より条件のよい会社に依頼したいと考える方もいるのではないでしょうか。

ここでは、一見難しそうに思える引越し会社のキャンセル手順についてご紹介するとともに、キャンセルの際に意外な盲点になりがちな、引越し会社にもらった段ボールの扱いについて解説していきます。

引越しのキャンセル、その上手な方法をご紹介!

最初に、実際に一度契約した引越し会社を上手にキャンセルするにはどうしたらいいのか、その方法をご紹介しましょう。

まず「キャンセル」とは、引越しそのものを取りやめる解約だけでなく、日程の延期も含みます。多くの場合で解約、延期、どちらも同額の手数料がかかり、キャンセル料が発生するタイミングは、「標準引越運送約款(やっかん)」という国土交通省が定めた引越し契約についての取り決めによって決まっています。
具体的には、引越し日の2日前まではキャンセル料がかからないことになっています。やむを得ず引越し会社をキャンセルするかもしれないときの参考にしてください。

ちなみに、キャンセルが引越し前日になってしまった場合は、解約手数料や延期手数料として引越し料金の10%以内、そして、引越し当日では20%以内が請求されることがありますので、注意しましょう。

直前に引越しを取りやめる事態というのは、よほどのことでしょう。しかし、万が一そのようなことが起きた場合は、2日前までに引越し会社にキャンセルを伝えれば手数料は発生しません。つまり、不測の事態も考えて、あらかじめ余裕をもった日時を提案しておけば、予定外のキャンセルもスムーズに行うことができるというわけです。2日前までは無料であることを意識しながら、契約書やスケジュールを確認し、キャンセルをする場合は、その制度を上手に使っていきましょう。

引越しには、荷物をまとめるために、どうしても数多くの段ボールが必要となります。引越しに適した段ボールは、一定の耐久性があり、なおかつサイズがそろっていることが重要で、そのような段ボールは、引越し会社と契約すると、荷造り用として必要な分を受け取ることができます。

しかし、引越し会社をキャンセルする際は要注意。もし、何らかの理由で引越しをキャンセルしなければならなくなった場合、最初に受け取っていた段ボールなどの資材は、返却するか、もしくは、その分の料金を支払わなければなりません。荷造り用資材は、一定量無料とする会社もあれば、全て有料の会社もあります。有料の場合は、見積書に引越し資材料金として記載されていることが多く、大抵はキャンセル料とは別料金です。従って、引越し会社と契約する際は、いざというときのためにも、見積もり内訳をしっかりと確認しておく必要があります。

段ボールは、引き取りにきてくれる会社もいますが、自己負担での返却を要求される場合もあります。その場合は、返却分を直接営業所に持っていくか、宅配便などで送る必要が出てきてしまうのです。その際、車がなければ持っていくことは難しく、ただでさえサイズの大きい段ボールで枚数も多いとなれば、配送料はかなり高額となってしまうでしょう。たとえ無料でもらったとしても、結局は費用がかさんでしまいます。

引越し時に実践したい段ボール処分の裏ワザとは?

ただし、段ボールの処分については、交渉次第で費用を抑えて処分できる場合もあるようです。

例えば、あらかじめ頼んでおいた引越し会社Aをキャンセルして、条件の良いB社に変更したいとしましょう。このとき、最初に無料で依頼していたA社にもらった段ボールは、多くの場合が返却することになりますが、実は、この返却をB社に任せることができることも多いのです。

もちろん、B社との契約時にその旨を話しておくことが必要となりますが、ほとんどの場合、担当の営業スタッフが段ボールをA社への返却を受け持ってくれます。こうすると、発送や持ち込みなどで、自分で段ボールを返却する必要がなくなり、労力もお金もかからずに済みます。

一方で、引越し自体は同じ会社にお願いしたいけれど、何らかの理由で延期せざるを得なくなり、キャンセルすることになった場合は、延期が分かった時点ですぐに会社へと連絡し、相談しましょう。延期であれば、段ボールはそのまま使わせてもらえることもあります。せっかく用意してもらった段ボールですから、できるだけ無駄にしないように工夫したいものです。

いかがでしたか?引越しのキャンセルは、キャンセルするタイミングや段取りを確認しなければ余計な費用がかかってしまうことでもあります。そうならないためには、引越し会社との契約時に、見積書や担当スタッフの話をしっかりと確認することが大切です。

特に、段ボールなどの荷造り用資材を事前にもらう場合は、キャンセル時の取り扱いなどに注意が必要となります。引越し会社を変更する可能性がありそうな人は、引越しまでの日程や段ボールを受け取るタイミングなども計算し、余計な費用がかからないように注意しましょう。

準備の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる