社会保険?国民健康保険? 引越し時の「健康保険証」の手続き方法

社会保険?国民健康保険? 引越し時の「健康保険証」の手続き方法

引越し時の届出で忘れたくないのが「健康保険証」の手続きです。特に個人事業主・フリーランスなど、会社に勤めていない人は「国民健康保険」の手続きを忘れずに行う必要があります。引越しの際の健康保険証の手続きについて、会社員と会社員以外の方の違い、また市区町村が変わるかどうかで分けてまとめました。

会社員は健康保険の住所変更もカンタン!

会社などに勤めていて、社会保険に加入している人は、保険や年金の手続きを雇用主がとりまとめて行っています。住所などに変更があった際にも、本人が保険協会に出向いて手続きを行ったりする必要はありません。引越しした旨を、勤務先の人事を担当している人に直接伝えるか、または直属の上司などに報告し、指示をあおぐとよいでしょう。
保険証や年金手帳の提出なども必要なく、再発行の必要もないため、同じものをそのまま継続して使用できます。それぞれ住所を記入する欄がありますが、こちらも手書きで変更してOK。病院をよく利用するという場合でも、手元に保険証を持っておけるのがうれしいですね。

国民健康保健の被保険者で、市区町村内での引越しをする場合

続いては自営業、個人事業主、フリーランスの人など、社会保険に加入していない国民健康保険の被保険者で、同じ市区町村のなかで引越しをする場合についてみてみましょう。

市区町村をまたがない「転居」の場合は、住民異動届(転居届)の提出のみで手続きは完了。手続きは、引越しをした日から14日以内に行います。転居したことを届け出る際に「国民健康保険の手続きもしたい」と申し出れば、窓口で対応してもらえます。また、役所まで出向かなくても、最寄りの出張所などでも手続きが可能です。

国民健康保険の被保険者で、市区町村外に引越しする場合

同じく国民健康保険の被保険者で、現在の市区町村を出て別の街へ引越しをする場合の手続きです。

【旧住所で行うこと】
・住民異動届(転出届)の提出
転出を届け出ることで、その市区町村での国民健康保険を脱退することになります(資格喪失)。世帯全員の国民健康保険証を返納します。

・転出証明書を受け取る
保険の手続き以外にも、引越し先で必要になります。必ず受け取って、保管しておくようにしましょう。

【新住所で行うこと】
・住民異動届(転入届)の提出
転入届を提出する際に、国民健康保険についても手続きができます。新しい保険証は後日郵送されてきますが、自治体によっては、本人確認ができればその場で保険証を交付してもらえます。

・保険料の払い込み方法を決める
新住所での保険料の支払いをどのように行うかを決めます。改めて保険料の納付書が送られてくるのが一般的ですが、口座振替を希望する場合は手続きの際に窓口で相談するとよいでしょう。

自分の保険の種類を確認して、手続きをしよう

会社勤めの人は社会保険に加入している場合が多く、手続きも簡単に済ませられることが多いようです。一方、自営業などで国民健康保険の被保険者となっている人は、自分で手続きを行う必要があるので、引越し準備の際にも忘れないように気をつけましょう。手続き自体は難しくなく、手数料などもかかりません。転入届を出す際に、一緒にすませておくと便利です。


写真:PIXTA
掲載日:2017年3月3日

手続きの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる