引越し見積もりのベストなタイミングと、それまでに決めておくべきこと

引越し見積もりのベストなタイミングと、それまでに決めておくべきこと

引越しをすることが決まったら、多くの人はまず引越し業者に作業を依頼するのかを、検討することと思います。

近所へ少量の荷物を運ぶくらいなら知り合いに頼む程度で済むかもしれませんが、引越しの距離や荷物の量によっては引越し業者に頼むのが無難。引越し業者は荷の扱いにも慣れているので何かと安心感がありますし、引越し業者によっては旧居、新居に挨拶をするなどのプラスアルファのサービスを提供してくれるところもあります。

引越し業者に頼むと決まったら、次に見積もりを取ります。引越し費用がおおよそいくらかかるのかを把握できるのと同時に、見積もりを取る過程で引越し業者にさまざまな相談ができ、アドバイスをもらえることもあります。本決定に近い見積もりであれば、引越し業者にトラックや人員を手配してもらう“仮押さえ”的な意味ももちます。

ではこの見積もりを取る時期はいつごろがベストなのでしょうか? また、見積もりを取る前に決めておいたほうがいいこととは? アート引越センターに取材してみました。

引越し見積もりは約1カ月前が望ましい

あまり近い日に「引越しをしたいので」と引越し業者に希望を出しても、その日には引越しを行えない可能性が高くなります。

引越し業者の持っているトラックや人員には当然のことながら限りがあり、その日が近づくにつれて予定がどんどん埋まっていきます。引越し希望日が近ければ近いほど、その日の人員などが確保しにくくなっていくのです。

アート引越センターによれば、おおよそ1カ月前に見積もりを取るのがいいようです。「それだけあれば、準備にも多少余裕をもって取り組めると思います」とのこと。

ただし、注意したいのは引越し業界がもっとも忙しくなる時期、3~4月です。この時期は新生活を始める人や仕事で転勤する人が多いので、その分スケジュールが押さえにくくなります。

「3~4月は繁忙期にあたりますので、引越し作業のスケジュールが埋まってしまっていることも多いです。ですから、その時期の引越しを考えるのであれば、見積もり依頼は早めにしていただくのがおすすめです。3月末の引越しは1月の初旬~中旬ごろから予約が入ってきたりしますので、早めのほうがいいですね」

急な辞令が下るのであれば仕方ありませんが、引越すことがあらかじめ決まっている場合は、前もって動いておいて損はないようです。

早すぎる引越し見積もりは無効になる?

消費者にとって、引越しの見積もりは「だいたいこの金額がかかります」というのが分かるのと同時に、別の意味合いをもっていることをご存じでしょうか?

実は見積もりには一定の法的拘束力があり、ざっくりいえば「引越し見積もりで提示された以上の金額を払う必要はない」のです。少し言い方を変えると、「お金を払う側は、発行された引越しの見積もりによって予想外の不利益から守られている」とも言えます。

例えば引越しの見積もりが10万円だったら、引越し業者はきちんとした理由がない限り10万円を超える請求はできないことになっています(引越し当日に想定外の作業が発生した場合などは、「きちんとした理由」に当たりますので、見積もりを超えた金額の請求は正当なものになります)。

ただし、見積もりには有効期限があります。期間は3カ月間で、これは『標準引越運送約款』で決められているため、どの引越し業者でも同じです。見積書は、この有効期限内についてのみ法的拘束力を発揮するので、有効期限については気にしておくのがベター。
「あまり早すぎても、引越しの全貌が見えていないということも多いものです。持って行く荷物の量や引越しの時期など、ある程度引越しの内容が見えてきたら見積もりを取るようにするといいですよ」(アート引越センター)とのことでした。

引越し見積もりを取る前に決めておくべきことは?

引越し見積もりを取る前に、引越し予定日や荷物の量などについてはある程度具体的にしておいたほうがいいでしょう。というのは、引越し内容があまりにも漠然としていると見積もり金額も見当はずれのものになりやすいためです。

見積もりを取る前にある程度決定しておいたほうがいいことはズバリ2つ、「まずはやはり『何を持っていくか』。それから日程と引越し先の場所ですね」とアート引越センター。

・荷物の量
まず、荷物の量によって引越し料金は変わります。その量を当日、どれくらいの大きさのトラック何台で運ぶのか、何人のスタッフで作業するのかが決まりますので、運ぶ荷物の量はある程度把握しておきたいところです。
何を持っていくかが具体的に決まっていれば、その分だけ見積もり金額は正確に近いものとなります。しかし、例えば「この家具を捨てようか持っていこうか迷っている」といった場合は、その旨を引越し業者に伝えておきましょう。

・何を持っていくか
当日家具を処分することを決めた場合、処分料として追加料金が発生する可能性があります。逆に新居に持っていくことを決めても、トラックに入りきらない可能性があります。しかし前もって引越し業者と相談しておけば、どちらに転んでもいいように少し大きめのトラックを用意してもらうこともできますし、持っていく場合と持っていかない場合、2種類の見積もりを作成してもらうことも可能です。

・日程の決め方
次に日程について。日程は平日と土日で、料金と予定の押さえやすさがまったく違うようです。アート引越しセンターによれば、

「具体的に『〇日』とまではいかなくても、平日か休日か、などは決めておいてほしいです。例えば後から日程を変更するとなった場合、平日から平日であれば変更できることも多く、また土日から平日への変更も可能な場合が多いです。ただ、平日の予定を土日に変更するのは難しい。どうしても、引越しの予約は土日・休日から埋まっていきますので」とのこと。

引越し業者が忙しくなる土日に引越しを計画するのであれば、なるべく早めに予定を押さえておきたいですね。

・どこに引越すのか
なお、「だいたいどの辺に引越そうか決めているけど、どの家に住むのか、住所はまだ決まっていない」といった、住所未定の場合について。

「距離も料金に関係する場合があるので、市区町村くらいまでは決めておいてもらえればOK。番地は無理に聞き出しません。契約するかどうか分からないのでまだ引越し業者に住所を教えたくないという方の場合も、町名くらいまで教えていただければ大丈夫ですよ」とのこと。

ということは、住所が未定でもある程度が決まっている場合は、見積もりを取っておいていいのかもしれませんね。

見積もりを取ることで引越しが具体的になっていく

引越しには荷造りや日程の調整など、さまざまな準備が必要です。その作業量が膨大なので引越しを決意したばかりのときは「何から手をつけていいんだろう」と感じてしまいがち。

そんななか、見積もりを取るという行為は「自分が何をするかを具体的に、明確化していく」効果もあります。漠然と「準備しなきゃな……」と考えているだけでは身動きがとれませんが、やることさえ分かればあとはそれに向かって動き出していけばいいのです。

ですので、引越しをする際にはまず「何を持っていくか」と、「引越しを希望する日」、そして「どのあたりに引越したいか」を決定し、引越し希望日の1カ月前に見積もりを取るようにしましょう。ただし、3~4月の繁忙期にはご注意を!

以上のことを押さえておけば、引越し希望日の予定は押さえやすくなりますし、引越し業者との打ち合わせをスムーズに行えます。見積もりで算出された料金も、実際にかかる金額に近いものとなるはずです。


取材協力:アート引越センター http://www.the0123.com/

掲載:2017年2月24日
写真:PIXTA

見積もりの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる