平日と土日、引越し料金はいくら違う?どうして差が? 引越し業者に聞いてみた

平日と土日、引越し料金はいくら違う?どうして差が? 引越し業者に聞いてみた

引越しの料金は決して安いものではありません。少しでも安く済むのであれば、ぜひその方法を試したいところです。

引越しの料金は荷物の量や移動距離など、いくつかの要素によって決定されます。引越し業者間でもある程度金額が変わってくるので、数社に見積もり依頼を出す人もいるのではないでしょうか。

もうひとつ無視できないのが「引越しをする日」です。引越しをする日によっても料金は大きく変わってきます。

平日に仕事をしている人が多いので引越しの依頼は土日祝日に立て込むことになり、そうすると料金も土日祝日のほうが高くなりそうな印象がありますよね。平日と土日祝日では、料金にどれくらい差があるのでしょうか?

そこで“アリさんマークの引越社”と“アート引越センター”の2社に、平日と土日祝日の料金の差がいくらになるかをズバリ聞いてみました。

必ずしも土日祝日が安いというわけではない?

なぜ、引越しは土日が高くなっているのか? 今回インタビューしてみたところ、意外なことが分かりました。

「弊社では下請け業者を使わず全て自社で作業をしておりますので、ご依頼いただける件数に限りがあります。ですが、逆にいえば“平日だから安い”ということではなく、トラックに空きが多い日は土日でもお得な日がありますよ。担当支店の状況によってご提案できる料金が変わってきますので、一度営業担当へご相談いただければと思います」(アリさんマークの引越社)

「決まっている料金は、本来であれば休日も平日も同じです。“休日は高い”と思われがちですが、実は休日の料金が通常の料金なんです。ですが、引越しは普通、休日が混みあって平日が比較的空きますよね。そうなると、平日の引越し料金を割り引きます。だから差ができるんです」(アート引越センター)

なんと、2社とも元から「平日が安い」と決まっているわけではないようです。引越し料金が安くなるのは「トラック・スタッフの空きが多い日」であり、その結果として引越しの件数が比較的少ない平日が安くなる、ということなのですね。

引越し業者が保有するトラックやスタッフは、維持していくためにコストがかかります。引越し業者の理想としては保有するトラック・スタッフ全てが毎日稼働することですが、引越し依頼の少ない平日などには稼働しない(引越し依頼がないため稼働させられない)トラック・スタッフがどうしてもでてきてしまいます。

ここに「トラックやスタッフを余らせて稼働させない日があるよりは、格安でもいいから引越しを引き受けて少しでも利益を出しておきたい」という引越し業者の内情があります。需要と供給のうち、供給が極端に増えている状態です。

すると、少ない引越し依頼(需要)のなかから一件でも多く獲得するために、引越し業者(供給する側)の価格競争が始まります。それぞれの業者が「ぜひうちに依頼を出してほしい!」ということで、各種割引を適用して料金を下げ、消費者に対して「うちはこんなに安いですよ」と魅力をアピールします。

これが引越し料金が平日に安くなる仕組みです。平日はトラック・スタッフが余ってしまうことが多く、そのため通常料金よりも割引されやすくなるのです。

空きが出やすいのは閑散期である1月

では「最初から平日の料金設定が安いというわけではない」という原則を理解した上で、さっそく知っておきたい具体的な金額の差ですが、まず単身者の50km以内(都道府県内程度)の引越し料金の相場は通常期で3万6049円、繁忙期には4万7620円となっています。
アート引越しセンターによれば「単身者で50km以内であれば、休日と平日で1~2万くらいの違いですね。もちろん休日でも直前で空いているとか、そういうケースであれば安くなるかもしれません。本当にまれなことですが、1月であれば空いていることもあります。1月は一番空きやすい時期なんですよ」とのこと。

なお、単身よりも家族のほうが荷物の量が多いため、割引したときの金額の差も大きくなるようです。

こうしてみると、引越しの料金は月単位でも結構変わってきそうですね。アリさんマークの引越社は「繁忙期(3月後半~4月前半)とそうでない場合でも、大きく料金が異なるため、単純に平日と週末の相場をお伝えすることが難しい状況です」と話してくださいました。

1年を通して引越し業界が特に忙しくなるのが、3月の終わりから4月の初めにかけて。この時期、新生活を始める人たちの引越し予約が全国的に急増します。必然的に空きが少なくなり、割引してもらえる可能性が少なくなります。

このほかに引越し予約が立て込みやすいのは5月のゴールデンウイーク、夏休みのある8月と、年を通して連休のとき(3連休など)があります。反対に、1月などの閑散期は引越しをする人が少ないために割引がききやすいようです。

同じ土日でも、月初めと月終わりでは空き状況が変わる!

平日と土日祝日を比べると、やはり土日祝日のほうが引越し予約が立て込む、ということは分かりました。では、さらに月初めの土日と月終わりの土日で大きな差があることはご存じでしょうか?

「お客様の仕事の都合などで、土日をご希望の方、賃貸物件の更新などの兼ね合いで月末の引越しを希望する方が多く、月末にご依頼が集中する傾向があるのも事実です」(アリさんマークの引越社)

「月初の土日と月末の土日でも混み具合が違います。月末はたとえ1月であっても混み合うことが多いです。やはり月末に更新があるので、そのタイミングで引越す人が多いのでしょう」(アート引越センター)

賃貸物件に住んでいる場合、家賃の支払いを月末に設定している物件が多く、契約更新は家賃を支払うのと同じタイミングでやってきます。一般的に契約更新は2年ごととなっていて、更新料の相場は家賃の1カ月分から2カ月分です(更新料をゼロ円にしている物件もあります)。月10万円の物件を借りているのであれば、2年契約だった場合は約10万~20万円の更新料がかかってくるわけです(ここでは更新手数料を含めずに計算しています)。
ご覧のとおり更新料は安くないので、「ここにはある程度住んだし、次の契約更新のタイミングでそろそろ新しい部屋に引越そうかな」と考える人がでてくるわけですね。これが月末に引越し依頼が立て込む理由です。同じ土日でも、月末の土日は料金が安くなりにくいのです。

ではひと月のうち、料金が安い一番ねらい目の土日はどこなのでしょうか。これはアート引越センターによると、「一番空いてるのは中旬でしょうか。引越し依頼が多いのは月末、月初、月半ばの順です」とのこと。

引越し料金を安くするのであれば、
・土日祝日よりは平日
・土日なら月半ば、次点で月初(月末は土日の中でも一番混む)
・1月などの閑散期
に引越し日を設定するのが望ましいようです。

仕事の都合などで日程が調整できないこともあるかと思いますが、可能な範囲で賢く経済的な引越しプランを立ててみてくださいね。

●引越し料金の相場:SUUMO引越し見積もり「料金の相場」
https://hikkoshi.suumo.jp/soba/

取材協力
アート引越センター http://www.the0123.com/
アリさんマークの引越社 http://www.2626.co.jp/

費用・料金 ・相場の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる