【SUUMO引越し】新居が決まったら確認すべき7つのポイント

新居が決まったら確認すべき7つのポイント

新居が決まり一安心…と、ゆっくりしている場合ではない。スムーズな引越しのために、下見や契約の際に確認しておくべきことを押さえておこう。

入居に関する契約内容をチェック

契約の際にきちんと確認しておきたいのが「入居可能日」。月半ばの入居の場合は、家賃の発生日や、日割り精算ができるかなど、細かく確認しておこう。

「即入居可」以外は入居可能日をチェック

即入居できない場合、多くは前の住人がまだ居住中。その人が引き払った後も、クリーニングや、壁紙や畳の張り替えなどの工事が発生する場合もある。実際にカギを受け取って入居できるのはいつか、正確に確認しておこう。

家賃発生はいつから? 精算方法は?

新居への入居が月半ばとなるケースも少なくない。そんなときは、家賃のルール確認を忘れずに。入居日からの日割り計算の可否はもちろん、半月ごとの精算の場合などもあるので、1日の差で損したりしないよう気を付けたい。

「新居のサイズ」を確認しよう

引越しの前に確認しておかないと、思わぬトラブルになるのが「新居のサイズ」。引越し作業や、家具レイアウトにも影響するので抜かりなく確認を。

新居の間取図を入手し、できれば下見を

契約時に入手したいのが物件の間取図。できれば詳細に寸法などが記載されたものがベストだ。ただ、簡易なものしかないケースも多いので、その場合は、できれば物件を下見させてもらうなどして、詳細をチェックしておこう。

収納に関するサイズをチェック

家具・家電や収納グッズなどを事前にそろえる場合、壁面の横幅や高さ、収納の広さなどを確認しておこう。下見できる場合は、採寸のほか、収納の仕切り状況、大きな梁の有無、コンセントの位置などもチェックしておくとトラブルが少ない。

搬入に関するサイズをチェック

大型家具・家電の搬入には、搬入路のチェックも必要。室内の出入り口はもちろん、玄関の開口、共用階段や、ある場合はエレベーターのサイズも確認しよう。建物の敷地や周囲に車を停めるスペースがあるかも確認しておくと便利。

設備の有無や地域事情を確認しよう

ガスの種類や、電化製品の対応周波数によっては、引越し先で「使えない!」という事態も起こりうる。ネット対応などの特殊事情も個別チェックを。

インターネットはどうする?

マンションの場合、物件自体にすでにインターネット設備があるなら、提携会社との契約だけで使えることもある。賃貸なら、提携外の会社の設備工事を嫌がる家主もいるので、早めに確認してみよう。設備がない場合や、一戸建ては個別手配となる。

使えなくなる器具はない?

同じガスでも、都市ガスとプロパンガスで対応器具は異なる。電気器具も、電気も関東と関西で周波数が異なるため、現地の周波数に対応できない場合は使えないので注意が必要だ。手持ちの器具を持ち込む場合は確認しておこう。

掲載: 2012年6月6日

新居レイアウトを決めておこう へ

知っておくべきことの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる