【SUUMO引越し】失敗しない梱包の7つの基礎知識

失敗しない梱包の7つの基礎知識

段ボールの選び方や組み方、荷物の詰め方など、梱包にも知っておいたほうがよいルールがいくつかある。荷造り前に梱包の基本を勉強しよう。

基本を知らないとトラブルの原因に!

基礎知識がないまま梱包を進めると、段ボールの底が抜けたり、中のものが破損したりというトラブルが起こることもある。心して取りかかろう。

梱包資材の手配

引越し会社に引越しを頼む場合は、必要な資材は会社が準備してくれる場合がほとんど。自力引越しの場合は、自分で資材をそろえないといけないので、早い時期からスーパーなどをまわって集めるか、購入して準備する必要がある。

段ボールの組み方

まず、段ボールに文字などの印字がある場合、天地には注意しよう。逆向きに詰めると、詰めたのとは逆に積まれる可能性がある。また、組み立てるときは、底のガムテープは必ず十字に組み、底抜け防止をしておこう。

重いものは小さい箱、軽いものは大きい箱

段ボールに詰める荷物の量は、「一人で持てる重さ」が基本。例えば本のような重いものは、大きな箱いっぱいに詰めてしまうと重すぎるので、小さい箱がない場合は、ある程度の重さになったら上部に詰め物をして梱包するとよい。

重いものは下、軽いものは上

同じ段ボールの中にいろいろなものを詰める場合は、先に重いものから詰めていき、その上に軽いものを詰めていくようにしよう。また、梱包後の段ボールも、必ず重い箱を下、軽い箱を上に積んでいくのが基本だ。

段ボール内の隙間はトラブルの元

詰め終わった段ボールに隙間がある場合は、新聞紙や緩衝材などを間に詰め、中で荷物が動かないようにしておこう。そうしないと、荷物同士がぶつかりあって、破損や傷の原因になるので注意が必要だ。

箱の中身が分かるように

段ボールに詰めたら、必ず中身が分かるようにしておきたい。運ぶ部屋の名前や、収納場所、「割れ物注意!」などの注意書きも併せて記載しておこう。また、箱の側面にも搬入先や注意書きを書いておくと、運搬もスムーズだ。

梱包後の荷物の管理

荷造りが進めば段ボールも増える。使ってない部屋などがあればそこに集めておけばよいが、スペースが少ない場合は、押し入れの中身を先に梱包して、押し入れの中に積み上げておくなど、生活に支障が出ないよう工夫しよう。

掲載: 2012年6月6日

注意を要する荷物の梱包方法7 へ

荷造りの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる