【SUUMO引越し】注意を要する荷物の7つの梱包方法

注意を要する荷物の7つの梱包方法

食器などの割れ物や、包丁などの危険物、観葉植物やペット、高価なものなど、運送に注意の必要なものは、梱包の際にも配慮が必要だ。

判断に迷ったら、会社に相談を!

「これ運べるのかな?」と疑問に思うような場合は、会社に確認を。以下に、代表的な「ちょっと困った」荷物について紹介しよう。

食器などの割れ物

お皿などの割れ物や包丁は、ひとつひとつ新聞などで梱包しよう。お皿は上下に重ねず、縦に並べたほうがショックに強い。また、箱の底にはクッション材などを入れ、隙間には新聞紙などを詰めて、揺らしてみて動かないか確認しておこう。

パソコンなどの精密機械

破損の可能性を考えて、必ずバックアップを取っておこう。自力で梱包するなら、購入時の梱包資材がベスト。ただし精密機械であることは必ず会社に伝えておこう。資材がなければ会社に依頼して梱包してもらったほうが無難だ。

観葉植物・家庭菜園など

鉢の部分は破損を防ぐために緩衝材で包む。小さなものなら段ボールなどに隙間なく並べ、上部を開けておこう。大型のものは会社に頼んで梱包してもらう手も。ただし、あくまで荷物として運ばれるので、枯れたり折れたりしても責任は問えないケースがほとんどだ。

ピアノ

ピアノの運搬には別途費用が掛かるのが普通だ。デリケートなものなので、専門会社を紹介される場合もある。自分で運ぶことはできないので、引越しを依頼する会社に、まずは問い合わせしてみよう。

ペットなどの生き物

餌や排せつなどのお世話もあるので、自分で連れて行くのが基本。生き物の運搬を引き受けてくれる会社もあるが、会社によっては、生き物でも単なる荷物として取り扱われる場合もあるので、事前に詳細を確認しておこう。

骨董品などの高価なもの

美術品・骨董品など、高価なものについては、引越し会社が対応してくれない場合がある。対応できる場合でも、保険の条件など、詳細は必ず会社に確認しておこう。必要に応じて、専門会社に相談する手もある。

現金などの貴重品

現金や証券類などの貴重品に関しては、会社に依頼するのではなく、自分で運搬するのが基本。小さなバッグなどにまとめて、必ず身につけておこう。心配な場合は、引越し作業の間は貸金庫などに預けておく手もある。

掲載: 2012年6月6日

ゴミや不用品を賢く処分する6つの方法 へ

荷造りの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる