【SUUMO引越し】引越し荷造りテク〈靴編〉

引越し荷造りテク〈靴編〉

引越しで靴を型崩れせずに運びたいけれど、荷物はコンパクトにまとめたい……。引越し準備をしていて、靴をどう梱包すればよいのか、迷ったことはありませんか? 今回は、意外に知られていない靴の荷造りテクニックについてご紹介します。

購入時の箱に入れるか、段ボールに詰めるか

引越しを荷造りから全てお任せできるプランで頼む以外は、自分で靴の梱包をしなければいけません。なかにはシューズ専用のケースを用意してくれる引越し会社もありますが、基本的には自分で荷造りすることになります。靴を買ったときの箱が残っていれば、その中に入れてふたが開かないようひもで縛るなどすればOKです。しかし、全ての靴の箱を取り置きしているケースは少ないのが現状。また、全て箱に入れてしまうと引越しの荷物量が増えてしまう、というデメリットも。そのため多くの場合、靴は段ボールにある程度まとめて入れる、というのが基本的な梱包方法になります。

靴の梱包前に準備しておきたいこと

まず段ボールに梱包する前に、靴の汚れをしっかり落としておきましょう。特にトレッキングシューズやスニーカーなどは土汚れが残りやすいので、靴底のチェックを忘れずに。また、色移りにも注意が必要で、靴墨を使った革靴の横に白っぽい靴を並べることは厳禁です。汚れ移りが気になる人は新聞紙やポリエチレンの発泡シートなどでくるんだり、ビニール袋に一足ずつ入れたりする方法もあります。靴は湿気が大敵なので、靴底を洗ったり拭いたりした場合はしっかり水分を乾かしてから詰めるようにしましょう。また、靴はたくさん詰めても軽いので大きめの段ボールを用意しても大丈夫です。

靴を段ボールに効率よく梱包する方法

段ボールに梱包するときは、靴を横に寝かした状態で詰めていきます。ポイントは靴底が外側になるよう横に寝かせて、靴の前後を逆にしていくこと。こうするとコンパクトにまとまり、ほかの靴とも底同士が接触するので汚れがつきにくくなります。一段詰めたら、新聞紙やポリエチレンシートなどを敷いて二段目も同じように入れていきます。段ボールの大きさに合わせて、三段ぐらいまで積み重ねることは可能です。ただし一番下の段は上の靴の重量がかかるので、型崩れしにくいものを詰めるようにしましょう。段ボールに隙間が残っているときは緩衝材を詰めておきます。

靴の型崩れを防ぐよう荷造りしよう!

梱包するとき、特に注意したいのが高さのあるロングブーツです。ロングブーツは中に新聞紙を詰めたりブーツキーパーを使ったりして型崩れを防止し、できるだけ立てて収納します。ほかの靴でも型崩れが心配なときは、中に新聞紙を詰めておくほうが安心です。また、靴を入れた段ボールの上に重い箱が乗ると全体的に押される可能性があるので、段ボールには「靴」、「下積厳禁」など大きく明記しておきます。自分で気遣いをしながら荷造りしておけば、新居でも気持ち良く靴を使えることでしょう。ただし、引越し当日に履く靴は詰めないようご注意を!

掲載: 2015年9月30日 写真: photo-ac

荷造りの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる