【SUUMO引越し】引越し荷造りテク〈本・漫画編〉

引越し荷造りテク〈本・漫画編〉

引越しの荷物のなかでも本や漫画は、重くて梱包に工夫が必要なもの。大きさがそろっている本は紐でまとめたくなるものですが、もっとスムーズな引越しができるための梱包のコツがあるので覚えておきましょう。引越しを機に断捨離をして不要な本を処分し、荷造りや運搬の手間を減らすのもオススメです。

本や漫画を紐でまとめる方法はNG?

大きさのそろっている本や漫画、雑誌はついひもでまとめてしまいがちですが、箱に入れずにひもでまとめただけだとトラックに積み込みにくく、荷崩れの原因になってしまいます。さらに、本の角が傷ついたり汚れたりというトラブルも起こりがち。引越し会社によっては運んでくれないこともあります。引越しの際は、本や漫画も必ず段ボールに梱包するようにしましょう。自分で運ぶという場合も、少量であれば問題はないかもしれませんが、ひもでまとめた本は重さもあり意外と運びにくいものです。やはり段ボール箱に梱包することをオススメします。

本や漫画はどのように梱包するの?

本や漫画の梱包で考えたいのが重さです。中型や大型の段ボールいっぱいに本を入れてしまうと重さは相当なもの。部屋の中で移動させることすら困難になってしまいます。また、重すぎて箱の底が抜けるトラブルも考えられます。新居での片付けの際にも自分で移動できるよう、本は小型の段ボールに詰めましょう。もし本だけを詰めて重くなりすぎる場合は、上部に服やタオルなど軽いものを詰めて重さを調整するとよいでしょう。また、荷造りをする際は、荷ほどきのことも考えて梱包すると新居での片付けがスムーズになります。本はしまってある場所別に詰めるか、文庫本や漫画、ハードカバーの本、雑誌などサイズ別に詰めていくとよいでしょう。本を立てて詰めていくと詰め過ぎ防止になります。

引越しこそ断捨離のチャンス!

引越しの準備をしていると、長い間読んでいない漫画や持っていることも忘れていた本、古い雑誌などが出てくることも多いのではないでしょうか。引越しは断捨離のチャンスです。必要かどうか考えてしまう本は、この際思い切って処分することをオススメします。そうすればわざわざ重たい荷物を運ぶ手間も労力も省け、すっきりと片付いた新居で生活をスタートさせることができ一石二鳥。もし必要になったときは図書館で借りたりインターネットで調べたりすることも可能ですし、古い雑誌は情報自体も古くなっているもの。まずは必要な本だけを選んで箱に詰め、残りの本はわざわざ運ぶ必要があるのか考えてみましょう。「引越しは断捨離のチャンス?!断捨離のコツ」はこちら

本を梱包する前に知っておきたい!梱包の基本って?

本や漫画を箱に詰める前に、まずは梱包の基本を知っておくことが大切です。
まず、荷物は自分で動かせる重さにすること。本を詰める段ボールは、できるだけ小さめのものを選び、底抜け防止のために段ボールの底は必ず縦横十字にガムテープを貼っておきましょう。また、箱の中で本が動いてしまうと破損の原因になります。場合によっては緩衝材なども使用し、できるだけ隙間ができないように詰めましょう。最後に、箱の側面と上部に内容物と搬入する部屋をマジックで記入しておきましょう。詳しい梱包方法は「失敗しない梱包の7つの基礎知識」を参照してください。

掲載: 2015年11月18日 写真: photo-ac

荷造りの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる