【SUUMO引越し】同居を始める二人の引越し6つのヒント

同居を始める二人の引越し6つのヒント

結婚が近づいて、いよいよ新居への引越し。幸せな新生活のために、注意しておきたい引越しポイントについて考えてみよう。

引越し前にやっておきたいこと

今まで別々に暮らしていた二人が一緒に住むとなると、いらなくなるものも多く、準備には二人の意見の一致も必要に。引越し前にきちんと話をしておこう。

互いが持っている同じ家具・家電を処分しよう

二人ともが一人暮らしをしていた場合、冷蔵庫や洗濯機などの大型家具・家電もふたつ存在することに。二人暮らしで不要になるものは、早めにリサイクルショップに相談するなど、処分を進めておこう。

家具などインテリアのトーンを相談しよう

せっかくの二人暮らし、できればオシャレに暮らしたいもの。ただ、二人の趣味が大きく異なっていると、購入するものもチグハグになりがち。どんな新居にしたいのか、雑誌などを見ながら、一度ゆっくり話し合ってみてはどうだろうか?

同居・引越しはどういうパターン?

ふたりの新居は新たに契約するもの? それともどちらかが住んでいる家? それぞれの状況によっても、引越しの仕方は変わってくるはずだ。

二人で新たに新居を契約する場合

二人で新居を新たに契約する場合、引越しは二人とも必要になる。それぞれがおトクな単身パックを利用するか、1台のトラックで2カ所をまわり、それぞれから搬入、新居で搬出してもらうように依頼する方法もある。

どちらかの住まいにもう一人が引越しする場合

どちらかの住まいにもう一人が引越しする場合は、新たな荷物の室内での移動ルートや、設置・開梱作業スペースを確保しておくことが重要に。引越し会社が荷物を搬入できない!なんていうことにならないようにしよう。

二人暮らしの引越し手続き

引越しでも、結婚でも、役所への申請を中心に、住所変更などの手続きがたくさんある。できるだけ手間をかけず、手続きを進めるにはどうしたらよいのだろうか?

結婚前の新居探し・賃貸契約

結婚していない男女が、賃貸で新居を探す場合は、保証人や必要書類がそれぞれに必要となり、手続きにも時間がかかることも。結婚予定が決まっているなら、その旨と、契約と支払いはどちらかが責任もって行うことを伝えれば、スムーズに受け入れてもらえるはずだ。

入籍と引越し手続きを同時にする手も

引越しに関わる手続きと、結婚に関わる手続き(特に女性で姓が変わる場合)は、重複する部分も多い。タイミングをそろえて、各種の申請時に名義変更と住所変更を同時に行うことができれば、二度手間は省ける。ただし、「入籍は式の日に」など、希望がある場合は臨機応変に対応しよう。

掲載: 2012年6月6日

タイプ別の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる