【SUUMO引越し】マンションから一戸建てへの5つの引越しヒント

マンションから一戸建てへの5つの引越しヒント

一戸建てを新築したので賃貸マンションから新居にお引越し、というケースは少なくない。マンションから一戸建てへの引越しの注意点を考えてみよう。

広くなるからといって「そのまま引越し」はNG

マンションより一戸建てのほうが、室内も収納も広い場合が多いが、だからと言って、「今ある荷物をそのまま運べばいいや」という判断は、実は間違っている。

引越しの理由を考えてみよう

マンションから一戸建てに引越した理由は、子どもが生まれる、親と同居するなど、人や荷物が増えることが予想されるためでは? そうなると、マンションの荷物をそのまま持ち込むと、近い将来、ものがあふれる可能性も出てくる。

家具・家電の見直しをしよう

夫婦2人と家族5人では、冷蔵庫や洗濯機などの必要容量は大きく異なる。近い将来買い替えをする予定なら、引越しを機に購入して使い始めたほうが、運ぶ荷物が減っておトクになることも。今使っている家具や家電を見直ししておこう。

収納グッズの使い勝手を考えよう

マンションの収納は、奥行きが浅いものが多い。一方、一戸建ては奥行き90cmの深型収納が多い傾向。マンション用の衣装ケースを一戸建ての押し入れに使うと、20cm以上の無駄なスペースが発生してしまうことに。使い勝手を考えて、取捨選択を。

引越し会社に引越しを依頼する際の注意点

マンションから一戸建てへの引越しを依頼するとき、荷物の破損や建物の傷などを防ぐため、あらかじめ確認しておいたほうがよいポイントとは?

一戸建てのほうが搬入しにくい?!

マンションの場合、室内に階段がなく、大型のエレベーターがあることも多いので、搬出は比較的ラク。一方、一戸建てには階段があり、多くの場合、それほど余裕のあるサイズではない。窓からの搬入など特殊な作業が発生する場合もあり、料金にも影響するので注意しよう。

新居を傷つけないための「養生」

特に新築のマンションや一戸建てに引越す場合、建物に傷をつけないように、緩衝材などで保護する「養生」を行うケースが多い。無垢材を使用した新築などなら特に注意が必要なので、依頼した引越し会社がどのくらいの養生をしてくれるのか、確認しておきたい。

掲載: 2012年6月6日

タイプ別の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる