【SUUMO引越し】クレーンがあれば2階への引越しもラクラク?!

クレーンがあれば2階への引越しもラクラク?!

高層階への大型家具やグランドピアノの搬入・搬出では、階段や出入り口が狭く、通常の方法では難しい場合も少なくありません。また、解体ができずエレベーターでの搬入ができないケースなどの場合に使われるのがクレーン。しかし、クレーンを使うには道幅などの制約条件もあります。どのような場合にクレーンを使うのか、また、使えない場合はほかにどのような方法があるのでしょうか。

大きな荷物を高層階へ搬入・搬出するのは大変?!

大型家具や楽器などを2階以上の高層階へ搬入・高層階から搬出するときに考えなくてはいけないのが、荷物の移動経路です。コの字型や手すり付きの階段、玄関や部屋の出入り口が狭い、廊下や通路が狭い、家具を回転させるスペースがないなどの場合は、通常の方法での搬出や搬入が難しくなります。このような場合は、クレーンを使って窓やベランダから家具を搬入・搬出することになりますが、クレーンを使うかどうかは素人には判断しにくいものです。家具を部屋に入れる際にクレーンを使っていれば、搬出でもクレーンを使う可能性が高くなります。また、部屋の窓が小さくてクレーンでは搬入できない場合は、直接その部屋に搬入せずに、同じ階のほかの部屋から搬入する方法を取ることもあります。まずは引越し会社に相談し、現場を実際に見てもらいましょう。

クレーンを利用した引越しへの注意

クレーンを使って引越しする場合に確認しておきたいのが、依頼する引越し会社がクレーンを所有しているかどうかということ。クレーンを所有している引越し会社の場合、クレーンの利用は無料ということが多いようです。一方、クレーンを所有していない引越し会社に依頼する場合は、約2~3万円のクレーン利用料金がかかります。料金は使用するクレーンの大きさや荷物の個数によっても異なり、3階以上の場合はさらに追加料金がかかることも。そのため、運ぶものによっては買い替えたほうがよいという場合もあります。料金がいくらになるのか、見積もりの段階で必ず確認しておきましょう。引越し会社がクレーンを所有していても、その所有台数には限りがあります。引越しを希望する日に予約が取れない場合は、引越しの日時をずらすなどの柔軟な対応が必要です。また、家具の破損など万が一のときのために、依頼する会社が保険に入っているかどうかも確認しておきましょう。

クレーンが使えない場合はどうする?

家の前の道幅が狭くてクレーン車を止めるスペースが確保できない場合や、部屋の前に電線や木などの障害物があり搬出や搬入が難しいと判断された場合は、クレーンを使用できません。その場合は、手吊りや電動リフトで上の階に荷物を上げることになります。引越しでよく見かける手吊り作業では、荷物をロープで固定して作業員が窓またはベランダへ人力で引き上げます。ただ、手すりや瓦屋根などを破損する恐れがある場合は作業できないことも。電動リフトは、はしごのようなリフトを立てかけて荷物を運び上げる方法です。こちらはリフトを立てかけるスペースが必要となります。いずれも引越し会社により別料金が必要になることがあり、条件によっても変わってくるので、見積もりの段階で搬出・搬入方法とともに確認しておきましょう。

掲載: 2015年12月2日 写真: photo-ac

コラムの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる