【SUUMO引越し】現住居・新居の掃除の6つのポイント

現住居・新居の掃除の6つのポイント

たかが掃除、されど掃除。必要以上に頑張る必要はないが、今後の住み心地アップのためにも、ポイントを押さえたお掃除を心がけたい。

現住居の掃除のポイント

今までお世話になった住まい。生活の汚れはそこかしこに見られるはず。できれば、今までの感謝も込めて、ある程度の掃除はしておこう。

後付けの設備や、破損箇所の対応

貸主の許可なく、故意に壁に穴をあけて棚をつけたりした場合は、原状回復義務が生じる。入居時にはついてなかった設備などを放置しておくと、処分費用を請求されることも。退去引渡しの際に、きちんと確認しておこう。

今までお世話になった感謝をこめて掃除しよう

義務がないからといって、荷物を出したまま、何もせずに去るのは、マナーとして問題あり。引越し前から少しずつ掃除し、当日荷物が出たら、隅の埃を払い、床は掃除機や箒で掃除。窓や壁の汚れはかるく水拭きしておこう。

不要なトラブルを避けるためにも最低限の掃除を

日常生活での傷みや汚れ(経年劣化)は問題ないが、それ以上にひどい状態であれば、退去後に貸主側から室内クリーニング費用や原状回復の料金を請求される(敷金から引かれる場合含め)など不要なトラブルに発展する可能性も。そうならないためにも必要な範囲での掃除はしておこう。

※賃貸契約時の特約に経年劣化のためのクリーニング費用が必要な旨が記載されている場合は支払いが必要です

※住宅の経年劣化とは、年月が経ち、壁紙や床などが自然劣化すること。原状回復は、賃借人の故意・過失により生じた建物・居室の傷み(経年劣化を超えた傷み)を復旧すること。

新居の掃除のポイント

新生活を快適にするためには、入居前の掃除や、カビや害虫への対策は重要。とくに持ち家の場合は、家の傷みを少なくするために、対策をきちんとしておきたい。

新居の不備は早めにチェック

掃除の前に、まずは家全体を見て回り、不備がないかチェックしておこう。水まわりのにおいや水漏れがないか、破損や大きな汚れはないかなどを確認し、不備を見つけたら、賃貸の場合は不動産会社に連絡しておこう。

水拭きを中心に行い、換気をしっかりと

家具がない状態で掃除できるのは引越し前だけ。押し入れやシンク下など、奥まで拭き掃除をして、換気のためにすべての窓や戸をあけておこう。できれば、煙の出ない害虫駆除剤なども使っておきたい。換気のため、できれば晴れた日に作業しよう。

事前に掃除する場合は道具の準備も忘れずに

当然ながら、引越し前なので新居には何もない。掃除道具は準備しておく必要があるので注意しよう。また、水道が使えるように、水道の使用開始日を調整するか、不動産会社にお願いしておくと作業が楽になる。

掲載: 2012年6月6日

引越し前日にやっておくべき4つのこと へ

準備・ダンドリの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる