【SUUMO引越し】引越しの退去立会いの流れとは?

引越しの退去立ち会いの流れとは?

賃貸物件に住んでいる場合、引越しをする際には不動産会社の担当者による立ち会いが必要です。立ち会いは何のために行われ、引越しまでにどういった準備をしておくべきなのでしょうか。引越しの退去立ち会いの流れなど、知っておきたいポイントをまとめました。

そもそも立ち会いはなぜ必要?

賃貸物件での退居時の立ち会いは、室内の現況を確認し、退居に伴う修繕工事の負担を貸主側と借主側、どちらの負担とするか明確にするために行われます。室内のキズや汚れの修繕は全て借主の負担になるわけではなく、入居前からあったもの、通常の使用でできたものや経年変化による劣化は除かれます。のちに、室内状況の認識に齟齬(そご)が生じないように、貸主の代理人である不動産会社の担当者と借主で立ち会いが行われます。トラブルを避けるためにも、立ち会いは代理を立てずに本人が行うようにしましょう。

立会日までに準備すること

新居への引越し日が決まったら、現居を管理する不動産会社への連絡が必要です。賃貸契約では、賃料は日割り計算で1カ月前までの解約通知が必要とされることが大半です。連絡を急がなければ、新居の家賃と重なる期間が長くなり、よけいな賃料を支払うことになってしまいます。
不動産会社に退去通知を送るとともに、引越し日と立会日を希望する日時を連絡しましょう。立会日は解約日よりも前であれば、引越し日と同一でなくても構いません。立会日までにガスや水道、電気などの使用の停止や電話の移転手続きも行っておきましょう。

立会日当日の流れ

引越し当日は、まず引越し会社による荷物の運び出しを行い、ガスの閉栓に立ち会う必要があれば、同時間帯で手配しておきます。荷物の運び出しが終わったら室内の掃除をし、電気のブレーカーを落としましょう。
最後に、不動産会社の担当者の立ち会いのもと、室内のキズや設備機器等の破損の有無など、現況の確認をします。キズはもともとあったものか、入居後に新たにできたものか、その場で認識をすり合わせます。契約書に引き渡し時の室内のキズなどの現況が書かれていたり、元々あったキズを入居の際に写真に収めている場合は話し合いがスムーズです。現況の確認が終わったら、その場で鍵を返却します。
一人で引越しを行う場合、新居での荷物の搬入に間に合わなくなるようなケースでは、退居立ち会いは引越し作業の翌日とすることもあります。

立ち会い後の流れ

不動産の担当者の退居立ち会いの後、敷金の精算の見積書が送付されてきます。室内のキズや設備機器等の破損のうち、借主負担となる修繕工事の項目や見積もり内容の確認をします。内容に異議がない場合には、敷金の精算が行われ、後日敷金の残額が振り込まれ完了です。修繕工事の費用が敷金を上回る場合には、差額の支払いを求められます。借主負担の工事内容に疑問がある場合には、不動産会社に連絡をして説明を求め、交渉をしましょう。話し合いで解決しない場合には、裁判となるケースもみられます。
退居立ち会いや敷金の精算をスムーズに済ませるためには、入居前にあった室内のキズ等を把握しておくことが大切です。

掲載: 2015年9月2日 写真: photo-ac

知っておくべきことの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる