仏壇、神棚の引越し。そのとき知っておきたい作法とは

仏壇、神棚の引越し。そのとき知っておきたい作法とは

仏壇や神棚の引越しといってもピンとこない人も多いだろう。実は神仏具の引越しには「作法」がある。実家の整理などでぞんざいに扱ってしまってから慌てないように、知っておこう。

引越しする前に「精を抜く」

仏壇や神棚の引越しに作法があるというと驚く人がいるかもしれない。だが、先祖の霊や仏さま、神さまがそこに宿っていると考えれば、おろそかにはできない。何らかの作法でもって、丁重に運ぶのはあたりまえとも言える。先祖の霊を抜き、仏壇や神棚、その他の神仏具をただのモノにかえすというのが、基本的な考え方だ。

引越しする前に、仏壇ならまずお寺にお願いして僧侶に来てもらう。檀家になっているお寺があれば、そのお寺にお願いするのがいいだろう。そして仏壇に安置されていて先祖の霊を守っている仏像と、先祖の位牌、そして仏壇から「精(しょう)を抜いてもらう」のだ。

精のことを宗派によっては魂(こん)ともいう。仏壇や神棚、位牌などに宿っている霊的な存在のことといってもいいだろう。これを抜くことによって仏像も位牌も仏壇も、ただのモノにもどる。あとは普通に運べばいいわけだ。神棚であれば神職にお願いすることになる。

仏壇も神棚も引越し業者は普通に運んでくれるのか

では引越し業者は仏壇や神棚を普通の家具と同じように運んでくれるのだろうか。

精の抜いていないものは運べないと断られるのではないかと、実際に引越し業者に聞いてみると、
「そういうこととは関係なく、仏壇も神棚も一般の家具と同じようにお運びします」((アート引越センター・小山まなみさん、以下同)
という返事。引越し業者は現金や証券などの貴重品や遺体・遺灰、動植物などは原則運ばないとしているが、仏壇や神棚は運んでくれるようだ。では梱包サービスを利用する際も仏壇や神棚の梱包を頼めるのだろうか。

「もちろん仏壇や神棚はこわれものとして丁寧に梱包させていただきます。ただ中に御位牌や仏像などが入ったままの状態ですとお引き受けできませんので、これらはお客様の手で梱包していただいています」

位牌や仏像、その他の仏具は自前で梱包し、引越し荷物とは別に自分の手で新居まで運ぶ必要があるようだ。

正式な作法にのっとるかどうかは自分しだい

引越しが終わったら、抜いた精を入れてもらうことになる。神棚も同じだ。精を抜いてもらったお寺や神社にお願いする。引越し先が遠い場合は、事前にお願いしておけば、精を抜いてもらったお寺と同じ宗派のお寺に連絡してもらうこともできる。

以上が仏壇や神棚の引越しの作法だ。だがここまで丁寧にやるかどうかは、自分しだい。お寺さんに頼めばお布施も必要だ。経済的な問題で、そこまではできないという人もいるだろう。また引越しが急に決まって間に合わない場合もあるだろう。仏壇や神棚の引越しには、作法があると知った上で、どうするのか検討しよう。


取材協力:アート引越センター
リンク:http://www.the0123.com/
写真:PIXTA

掲載: 2016年7月5日


家族の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる