【SUUMO引越し】電話見積もりは引越し費用が変わりやすい?【SUUMO(スーモ)引越し】引っ越し見積もり比較サイト

電話見積もりは引越し費用が変わりやすい?

引越しのとき電話で見積もりを取ると便利なこともありますが、訪問見積もりと比べて注意しておいた方が良い部分もあります。そこで今回は、電話見積もりを依頼するときの注意点について詳しく解説します。

電話見積もりのときに準備すること

電話見積もりでは、必要事項をすべて口頭で伝える必要があるので、あらかじめ聞かれそうな項目について情報をまとめておきましょう。申込者の連絡先や転居先の住所など基本的な情報はもちろん、トラックを停めて作業できるスペースについてはよく聞かれる項目です。転居先での駐車スペースについても聞かれることもあるので、分からないときは地図検索サイトなどでだいたいの様子を把握しておきましょう。また、トラックの空き状況に合わせて一番安い日を選べるよう、引越し希望日はいくつか候補を挙げておくのがオススメです。一方、一番時間がかかるのが電話で荷物の量を伝えること。前もって家具や家電の数をまとめたり、寸法を測ったり、段ボールの予定箱数を予想しておいたりして、なるべくスムーズに見積もりをしてもらいましょう。

電話での引越し見積もりのメリット

女性の一人暮らしや部屋が片付いていない、などの理由で、訪問見積もりを受けるのに抵抗を感じる人は、電話見積もりがオススメです。引越し会社の人が訪問する時間は在宅しなければならないため、予定を空けにくいときも電話見積もりを利用したほうが便利でしょう。また、訪問見積もりでは担当者から料金やサービス内容を提示され、その場で契約を迫られる懸念があります。「後ほど他社と比較するつもりだったのに、営業トークに押されてしまった」というのもよくあるパターンです。その点、電話見積もりは相手の顔が見えないため、内容が気に入らなければ断りやすいのがメリットと言えるでしょう。

電話見積もりだと、費用が高くなる?

電話見積もりでは荷物の正確な量を伝えるのが難しく、いざ引越し当日になって予定より多かった、というトラブルがあると大変です。荷物がトラックに積み込めなかった、という最悪の結果を避けるため、電話見積もりでは少し大きめのトラックを用意されることが多くなっています。そのため、どうしても訪問見積もりより値段が高くなってしまうのです。また、荷物が多い場合は電話で種類や量を伝えるのが難しくなり、訪問見積もりで担当者に見てもらったほうが早い、ということもあります。電話見積もりでは書面が残らないため、自分のメモを頼りにしなければいけない、というのもデメリットの一つでしょう。

荷物が多いときは電話見積もりでは難しい

単身での引越しで荷物が少ないときは電話見積もりでも対応可能ですが、荷物量が多いと電話で伝える項目が増え、内容を正確に把握するのが難しくなります。見積もり時に伝え忘れた荷物があると「申告漏れ」になり、追加料金を支払って別に運搬してもらうケースもあるほどです。そのため、家族がいて荷物が多い場合は、面倒でも訪問見積もりを受けたほうが安心です。また、電話見積もりだけでは不安が残る人も、その場で不明点を相談し不安を解消できるので、訪問見積もりをオススメします。電話見積もりのメリットとデメリットをしっかり理解したうえで、選択しましょう。

掲載: 2015年11月18日 写真: pixabay

見積もりの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

一番安い引越し業者を探す

見積もりスタート