一人暮らしの引越し挨拶!パターン別挨拶のポイント

一人暮らしの引越し挨拶!パターン別挨拶のポイント

これまで、引越しをしたらご近所には挨拶するのが一般的とされてきましたが、最近では挨拶をしないパターンも増えているようです。特に、一人暮らしの人にその傾向は強いといわれています。また、一口に一人暮らしといっても、学生や女性、男性などのパターンによっても、適切な挨拶の仕方はさまざまでしょう。今回は3つのパターン別に、ご近所へ挨拶するときのポイントを紹介します。

パターン①学生の一人暮らし

まずは学生の一人暮らしのパターンです。進学などに伴い、親元から離れて初めて一人暮らしを始める人が多い学生は、これまで引越しの挨拶をしたことがないという人が大半でしょう。

結論から言うと、学生一人暮らしの場合、ご近所への挨拶は必ずしもしなければならないというわけではありません。学生が一人暮らしをするときは、学校付近にある寮やアパートを利用する傾向が高いでしょう。特に学生街などであれば、一般的なアパートやマンションに比べて、ご近所の多くが同じ学生ということも考えられます。

社会人と違い、学生の生活リズムはあまり一定していないことが多いものではないでしょうか。深夜までアルバイトをしている学生もいれば、学校や学年などにより講義の開始時間も異なります。そのうえ、土日はサークル活動などで不在になることも多いとなれば、挨拶をしに行こうにも、相手がいつ帰ってくるのか、いつごろなら在宅しているかが予想しにくいのです。

結果、挨拶のタイミングを逃したまま、日にちがたってしまったということも少なくありません。ご近所への挨拶をする必要がないわけではありませんが、挨拶しづらい状況であることも確かです。

もちろん、日ごろ生活していくなかで、廊下ですれ違うこともあるでしょう。そんなときは、気後れせず挨拶しましょう。もしもきちんと挨拶しておきたいと考えるならば、500円程度の品物を添えると、より好印象を与えられることでしょう。あまりに高価なものは相手に気を遣わせることにもなりますし、学生には不相応と考える人もいるかもしれません。

パターン②女性の一人暮らし

次に、女性の一人暮らしのパターンです。女性の一人暮らしは心細いから、いざというときのためにもご近所付き合いしておきたい。そのように思う方もいるかもしれませんが、防犯上のリスクを考えると、挨拶は避けたほうが無難とも言われています。

挨拶に行くということは、言い換えれば「一人暮らしの女性です」と自らアピールしているようなものです。

女性の一人暮らしの場合、一人暮らしであることが明らかにならないように生活をしたほうが、安全です。また、①表札を出さずにおく②表札を出すのであれば男性の名前(父や兄・弟の)を記載する③宅配物などの受取時間帯は、なるべく人に会わない時間帯を指定する――といった工夫をすることも大切です。

また、引越しの挨拶をするのであれば、1人ではなく男性の家族や友人などと一緒に行くことをおすすめします。大家さんが近くに住んでいるのならば、挨拶に伺い、関係性を築いておくのもよいでしょう。いざというときに力になってくれるかもしれません。

また、近隣の部屋にどのような人が暮らしているかは大家さんや管理会社に尋ねれば個人情報にあたらない範囲で教えてもらえることも。聞いてみるとよいでしょう。

パターン③男性の一人暮らし

最後に、男性の一人暮らしのパターンです。成人男性であれば、一人暮らしの女性ほど防犯上のリスクに神経をとがらせることはないかもしれません。けれでも、挨拶した先の住人が女性だった場合などには、警戒させてしまう可能性も忘れてはいけません。特に隣や真下の部屋にどういった人物が住んでいるのか分かっていない場合は、注意が必要です。

また、挨拶に行ったけれど不在だったという場合、むやみに何度も訪ねていくのは避けましょう。相手は挨拶を望んでいないということも考えられます。

挨拶で会えなかったとしても、そのうち廊下ですれ違う機会もあります。そのときには、引越しの挨拶ができていない状態でも、会釈や軽い挨拶などをして、気の張らない近所付き合いという関係性をつくっておくのがおすすめです。また、学生の一人暮らしと同様、きちんと挨拶しておきたいと考えるならば、500円程度の品物を添えて挨拶へ行くとよいでしょう。

引越しのマナーとされる「挨拶」ですが、一人暮らしの場合、最近ではこのように「挨拶をしない」パターンも増えつつあります。特に、女性はトラブルに巻き込まれる可能性も低くはないため、用心に越したことはありません。それでも、ご近所に挨拶をしないでいることが気に掛かるのであれば、その物件に住む住人の全体的な雰囲気を、大家さんや管理会社に尋ねてみてはいかがでしょう。またそのとき、近隣の部屋に引越しの挨拶をしたほうがよいか、相談するのもいいでしょう。

挨拶の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる