【SUUMO引越し】プロ直伝! 引越し荷造りテク〈食器や皿などの割れ物・刃物編〉

プロ直伝! 引越し荷造りテク〈割れ物・刃物編〉

ここでは知っておくとうれしい荷造りの梱包テクニックを引越し会社のプロたちにインタビュー。包み方、段ボールへの詰め方を図解で説明しているので、ぜひ参考にしてみよう。

ビン類の梱包

1本ずつ丁寧に包むのが鉄則
1本ずつ丁寧に包むのが鉄則
ビン類は、複数本まとめて包むと移動の際の振動でビン同士がぶつかり合い、割れてしまうことがあるため、1本ずつ新聞紙や梱包資材などを使って包む。手の汚れが気になる人はホームセンターで販売している梱包用資材を使うのがオススメ。
ビンは必ず立てて入れる
ビンは必ず立てて入れる
段ボールのなかに詰めるときには、必ず立てて入れるようにしよう。横にして入れると、ビンのふたがゆるんでいた場合、段ボールから液体がモレてしまうという危険があるので要注意!

↑ページの先頭へ戻る


食器① コップ類の梱包

コップ同士がぶつかっても割れないように包む
コップ同士がぶつかっても割れないように包む
ガラス製のコップなどは移動の際に、輸送車両の振動などでぶつかり合うと割れてしまうことも。コップは一つひとつしっかりと梱包するのを忘れないで。また、ふたやソーサーがある場合も別々に包むことが大事。
隙間にはしっかりと緩衝材や新聞紙を
隙間にはしっかりと緩衝材や新聞紙を
高さが同じようなものを並べて、2段に分けて入れるのが理想。高さをそろえるのが難しい場合は、隙間に緩衝材や新聞紙などをしっかりと詰めて、振動による破損を防ぐように注意して。

↑ページの先頭へ戻る


食器② お皿類の梱包

四隅をきちんと折って包む
四隅をきちんと折って包む
お皿は1枚ずつ新聞紙で包み、四隅から順に内に折って包むとキレイ。最後にテープで止め、お皿は立ててコップは逆さまにして、段ボールに入れるのが基本。
隙間にはしっかりと詰めものを
隙間にはしっかりと詰めものを
段ボールの横と底にはクッションとなる緩衝材を詰めることを忘れないで。お皿は縦に入れるのが基本だが、それぞれのお皿の間にも詰めものをするようにしよう。

↑ページの先頭へ戻る


食器③ 刃物類の梱包

刃物であると分かるように持ち手を出す
刃物であると分かるように持ち手を出す
刃物は、出し入れ時にケガをしないような注意が必要。そのため、包むときにも誰から見ても"刃物"であることが分かるように持ち手の部分を出して、厚紙などを二つ折りにして、刃を包むようにテープで留めて梱包してほしい。
互い違いに入れれば、かさばらない
互い違いに入れれば、かさばらない
もし刃物が数点あるのなら、刃の向きを変えて入れれば、かさばらないだろう。詰めるときにも、しっかりとケガをしないように刃を包めているか細心の注意を払うようにして。

↑ページの先頭へ戻る

まとめ

壊れ物を包むときには緩衝材や新聞紙などの梱包資材を使って丁寧に包んで。実はトラックで荷物を運ぶ際、横揺れのほかに上下に揺れることがある。割れ物は特に上下の振動に弱いので、しっかりと段ボールの底や隙間、横にもクッションの役割を果たすものを詰めるようにしよう。

取材協力:アーク引越センターアート引越センターアリさんマークの引越社

掲載: 2014年10月1日

荷造りの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる