どうする?引越し時のインターネット解約と更新について

どうする?引越し時のインターネット解約と更新について

引越しの日も近づき、新しい生活への期待とともに、役所での手続き、銀行口座や携帯電話の住所変更など、手続きしなくてはいけないものの多さに嫌気がさしている人もいるかもしれません。なかでも、手続きの複雑さから先延ばしにしがちなものの1つが「固定回線のインターネット」です。

今回は、固定回線のインターネットの解約と引越し手続きについて、その手続きのタイミングや注意するべきことについてまとめました。

多くの人が、インターネット利用のため2社と契約を結んでいる

インターネットは利用しているけど、自分がどういうプランに加入しているのか、あるいはどこの会社と契約しているのかよく分からないという人は少なくありません。インターネットの解約や引越し手続きをするためには、まず、自分がどこの会社と契約しているのか知っておく必要があります。

事実として、多くの方はインターネットを利用するために、回線を提供している事業者とインターネットの接続事業者(プロバイダー事業者)の2社と契約しています。回線にもNTTの光回線やKDDIの光回線、CATV(ケーブルテレビ)回線や電力会社の提供する光回線、そしてADSLとさまざまな種類があります。

そのうち、NTTの光回線やADSLを契約されている方は、プロバイダー事業者を別に契約されていることが多いようです。まずは自分の契約している回線の種類を、契約書面などで確かめましょう。

なお、光回線を利用中の方でも、プロバイダー事業者が光回線も含めて提供する「光コラボレーション」を契約している場合は、インターネットの契約は1社だけと結んでいることになります。2015年2月のNTTの光回線の自由化以降に光回線のインターネットを新規契約した方、あるいは光回線に乗り換えをした方は光コラボレーションの可能性があるので、やはり一度契約書面などで確認するといいでしょう。

インターネットを解約する場合

次は、インターネットを解約する場合のタイミングと手順について解説します。

解約のタイミングは、「早めの手続きが吉」です。なぜなら、プロバイダーによって当月の解約締め日が違うため、早めに手続きをしないと翌月分の料金も払わなければいけなくなるからです。

モデムやルーターをレンタルしている場合は、返却手続きもあります。返却自体は転居後でも構いませんので、返却し忘れがないように、全ての機器をひとまとめにしておきましょう。

解約手順は次の2通りに分かれます。

①回線事業者とプロバイダーが違う場合


この場合、2社両方の解約が必要です。ただし、インターネットの回線が自宅の電話回線を利用している場合(ADSL)もあるので、誤って電話回線を解約しないように気を付けましょう。

②回線事業者とプロバイダーが同じ場合


前述の光コラボレーションサービスやCATV、電力系回線の場合は、契約事業者1社に連絡をとるだけなので解約手続きがスムーズです。

解約手続きは電話からでないとできない事業者もあります。電話がつながりにくいことも想定して早めに手続きをしましょう。また、インターネットは「2年の自動更新型プラン」で契約されることが多く、更新月以外の解約では解約料金が発生します。インターネットの契約月を確認し、解約希望月が更新期間中にあたるかどうかを早めに調べておきましょう。

解約手続きの際、自分の登録電話番号を聞かれることがあります。契約時から電話番号が変わっていると手続きができない場合がありますので、「お客様番号」が記載されている契約書面を手元に用意しておくと安心です。

インターネットを継続利用する場合

これまでインターネットを利用していたなら、引越し先でも利用したいという方も多いのではないでしょうか。この場合、インターネットの「引越し手続き」をするか、解約して「新規契約」するかを選ぶことになります。

引越しには多くの費用がかかるため、基本的には引越し手続きをするほうが、コスト面でも利便性のうえでもオススメです。しかし、現在契約中のインターネットサービスに不満がある場合は、解約して別の会社と新規契約をするのもいいでしょう。なかには、現在のサービスの解約費用を負担してくれるプランを提供する事業者もあるようです。

「引越し手続き」「新規契約」いずれの場合も、インターネットを継続利用する際の手続きやタイミング、注意すべき点は、引越し先が一戸建てか集合住宅かによって変わります。

①一戸建てに引越す場合


一戸建ての場合、新築、中古、どちらでも基本的には工事が必要です。事業者と工事日の調整をする必要がありますが、引越しの繁忙期には、工事日を設定するだけで1週間以上、実際の工事日までに1カ月以上かかることも珍しくありません。なるべく早めに移転手続きの窓口連絡をとりましょう。

②集合住宅に引越す場合


集合住宅であれば回線がすでに敷かれている場合も多いので、現在契約中のインターネットサービスがそのまま使えるとは限りません。早めに引越し先の管理会社に連絡をとり、回線の種類やプロバイダーは自分で決められるのかなどを確認しましょう。

引越し先が光回線を使っている場合でも、NTT回線なのかKDDI回線なのかなどにも注意してください。

人によって契約が異なるインターネットは、引越し時の手続きが分かりにくい場合も多く、しばしば煩雑に感じられることもあるでしょう。しかし、先延ばしにはデメリットしかありません。インターネットを継続利用する場合も、解約する場合も、早めに各窓口へ連絡することが大切です!

テクニックの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる