平日と休日の引越し費用はどちらが安い? 計画的な見積もりのススメ|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

平日と休日の引越し費用はどちらが安い? 計画的な見積もりのススメ

カレンダーと電卓のイメージ

引越し費用を抑えるためにはさまざまな方法があります。その一つが、引越しの日取りの決め方です。引越しは休日に行うものと思われがちですが、あえて平日に引越しをする方も少なくないようです。

気になる休日と平日の引越し料金の違いや、平日に引っ越しをするメリットや注意点などについて紹介します。

■目次
休日は平日よりも引っ越し料金が高くなるケースがある
仕事を休んで平日に引っ越ししたことがある人は半数以上!
休日を避けて平日に引越しするメリット
平日の引っ越しは、仕事とのバランスに注意して見積もりを
まとめ

見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

引越し用トラックのアイコン

休日は平日よりも引っ越し料金が高くなるケースがある

作業に時間がかかるなどの理由から、引っ越しは休日に行うものと思っている方が多いかもしれません。では、休日の引っ越し見積もりに予約が集中するとしたら、曜日の違いで引っ越し料金が変動することはあるのでしょうか。気になる休日と平日の引っ越し料金の違いについて、まずは単身者と家族ごとに見てみましょう。

【単身者・家族の平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】
平日土日祝日
単身者6万1619円6万863円6万7915円
家族11万7944円11万7659円11万4592円

単身者の場合、平日の引っ越し料金が6万1619円なのに対して、土日は6万863円となっています。差額は756円ですから、平日と土日の引っ越し料金の違いは大きくないといえそうです。

家族の場合も同じことがいえます。平日の引っ越し料金が11万7944円なのに対して、土日は11万7659円。平日と土日の引っ越し料金の差額は285円と、単身者の場合よりもさらに小さくなっています。平日と土日の引っ越し料金の差はほとんどありません。

このように、単身者・家族それぞれの引っ越し料金のデータでは、休日と平日の差はほとんどないように見えますが、引っ越し距離ごとのデータからは、少し違った傾向が見えてきます。

以下の表は、休日と平日の料金を引っ越しする距離ごとに示したものです。上が引っ越しの依頼が集中する3月と4月(繁忙期)、下がそれ以外の月(通常期)のデータになります。



【引越し距離別の平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】繁忙期(3月、4月)
平日土日・祝日
~15km未満
市区町村内程度
9万7218円10万776円
~50km未満
都道府県内程度
10万5441円11万8670円
~200km未満
同一地方内程度
12万8749円11万9735円
~500km未満
近隣地方程度
15万4778円19万5306円
500km以上
遠距離地方程度
20万3745円19万9669円


【引越し距離別の平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】通常期(5月〜2月)
平日土日・祝日
~15km未満
市区町村内程度
7万7635円8万1255円
~50km未満
都道府県内程度
7万7665円8万1998円
~200km未満
同一地方内程度
9万2296円8万8843円
~500km未満
近隣地方程度
11万7509円11万5234円
500km以上
遠距離地方程度
14万6472円16万5141円

以上のデータから、50km未満(同一都道府県内程度)までの比較的近距離の引越しでは平日の引越し料金が安く、それ以上の長距離引越しでは休日の引越し料金が安くなる傾向があるのが分かります。

引越し料金は荷物の量などによっても変動するため一概にはいえませんが、近距離の引越しであれば、平日に行うほうがお得だといえるかもしれません。


同じ平日でも月末の引っ越し料金が高くなることも

同じ平日の引っ越しでも、月末になると料金が高くなることもあるようです。月の上旬・中旬・下旬の引っ越し料金を以下の表にまとめました。


【平日、土日・祝日別の月の上旬・中旬・下旬の引越し料金】
上旬中旬下旬
平日9万6784円9万4360円10万3313円
土日・祝日9万7918円9万4588円10万2027円

同じ平日でも、月の中旬の引っ越しし料金が9万4360円なのに対して、下旬になると10万3313円に。8953円もの差額が生じています。平日と休日の引っ越しし料金の違いより、月の上・中旬と下旬の引っ越しし料金の違いのほうが大きいことが分かります。

単身者・家族それぞれの引っ越しし料金のデータも見てみましょう。


【単身者・家族の平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】
単身者家族
上旬6万1405円11万6168円
中旬5万8946円11万1784円
下旬6万3448円12万3562円

単身者・家族ともに、下旬の引越しが最も高く、それぞれ6万3448円、12万3562円となっています。一番安いのはどちらも中旬で、単身者が5万8946円、家族が11万1784円です。差額は、単身者で4502円、家族で1万1778円という結果に。


引越しする時間帯によっても費用が変動

時間帯によっても引越し料金が変動します。以下は、引越しにかかった費用を時間帯別に表にしたものです。上が単身者、下が家族のデータになります。それぞれ移動距離が50km未満の引越しの場合です。



【時間帯別の引越しにかかった費用】 ※単身者
単身者の引越し料金
7時以前2万6885円
8時ごろ5万9986円
9時ごろ5万4808円
10時ごろ4万3813円
11時ごろ3万8617円
12時ごろ4万757円
13時ごろ3万8849円
14時ごろ4万350円
15時ごろ3万5422円
16時ごろ3万4197円
17時ごろ3万741円
18時ごろ3万3430円
19時ごろ3万9500円

(※1)



【時間帯別の引越しにかかった費用】 ※家族(カップル含む)
家族(カップル含む)の引越し料金
7時以前13万8526円
8時ごろ10万4584円
9時ごろ9万8998円
10時ごろ8万793円
11時ごろ6万8070円
12時ごろ6万3509円
13時ごろ6万595円
14時ごろ6万843円
15時ごろ6万436円
16時ごろ6万6537円
17時ごろ5万9953円
18時ごろ7万5874円
19時ごろ5万4745円

(※2)
単身者の引越し料金で最も安いのは7時以前で2万6885円、最も高いのは8時ごろで5万9986円。差額は3万3101円です。

家族の引越しは、料金が一番安いのは19時以降で5万4745円、一番高いのが7時以前で13万8526円。金額差は8万3781円です。

7時以前の引越し料金は、単身者と家族で真逆という結果になっています。7時以前に引越しが可能かどうかは、引越し業者によってばらつきがあるので事前の確認が必要です。

さまざまな条件で変動する引越し料金。「結局、わたしの条件だといくらくらいなの?」と気になる方は、一括見積もりをご利用ください。


見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

引越し用トラックのアイコン

仕事を休んで平日に引っ越ししたことがある人は半数以上!

Q仕事を休んで引っ越しをしたことはありますか

(※3)
20代~40代の男女を対象に実施した「引っ越しに関するアンケート」によると、「仕事を休んで引っ越ししたことはありますか」という問いに対して、「はい」と答えた方は58.5%と、過半数にのぼりました。

Q. 仕事を休んで引っ越しをした理由を教えてください

(※4)
その理由として最も多かったのが、「平日のほうが費用が安い」というもので、61.8%を占めました。上で紹介した通り、実際に平日と休日の引越し料金の差はほとんどないため、引越しする時期や時間帯などを調整して、費用が安くなるよう工夫している方が多いのかもしれません。

その次に多かったのが、「家族の予定に合わせて」(12.2%)という理由です。夫もしくは妻が平日休みである共働きの夫婦のケースなどが考えられます。

「土日に予約ができなかったから」(10.7%)という回答も多いようです。とくに引っ越し業界に予約が集中する繁忙期ともなると、引っ越しを希望する日に依頼できないことが少なくありません。

そのほか、「土日に荷造りをし、平日に引っ越し日を設定したから」(8.4%)、「家族または友人に手伝いに来てもらえる日が平日しかなかったから」(3.1%)という方も少数ながらいるようです。

いずれにしても、仕事を休んで引っ越ししたことがある方の割合が思いのほか多いようです。

引越し用トラックのアイコン

休日を避けて平日に引越しするメリット

カレンダーのイメージ写真

平日に引越しをすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

先のアンケートでは、「あなたが仕事を休んで引っ越しをしたことにより、よかったことや悪かったことを教えてください」という質問に、次のような回答が得られました。

・「平日にできたので安くすんだ」(39歳/女性)
・「費用が休日より安かった」(42歳/男性)

引越し業者によっては、日ごとに異なった割引率を適用しています。引越し業者への依頼は休日に集中しますから、同じ割引率が高い日でも、人気が高い休日に比べて平日の予約は比較的とりやすいかもしれません。

「平日に休みをとって引越し作業ができそう」という場合は、引越し業者を選ぶときの参考にするとよいでしょう。

平日に引越しをするメリットとして、以下のような意見もありました。

・「交通渋滞がなかったこと」(25歳/女性)
・「道がすいていた」(35歳/女性)

休日の幹線道路はよく渋滞が起きます。とくに、朝や夕方など交通量の多い時間帯ともなれば、引越し作業がひどく遅れてしまうことも。渋滞の心配がなく、作業をスムーズに進められるのも平日に引っ越しを行うメリットといえます。

引越し件数が少ない平日のほうが引越し業者の時間の融通がききやすく、希望する時間帯に搬出・搬入しやすいのも魅力です。

「転出、転入手続きが同日に行えた」(44歳/男性)というのも、平日に引越しを行う特典です。休日に引越しすると、平日に休みをとったり、一時的に仕事を抜け出したりして、改めて役所に出向き転出・転入手続きをしなくてはなりません。平日なら、1日のうちに引越し作業も諸手続きもできてスムーズです。

「土日を荷造りにあてられた」(39歳/男性)という意見もあるようです。荷造りを一気に済ませてしまいたい場合は、やはりまとまった時間がとれる休日に行うのが効率的。そのまま休日明けに引っ越しできれば、時間のロスや荷造りのストレスを軽減できるでしょう。

そのほか、

・「家族に手伝いにきてもらえた」(29歳/女性)
・「休日がつぶれなかった」(26歳/男性)
・「ゴミをすぐに廃棄できた」(39歳/女性)

という意見もありました。平日に引越しすると、さまざまなメリットがあります。引越し料金を安くしたい方も、事情によりやむを得ずという方も、ぜひ平日の引っ越しを前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

引越し用トラックのアイコン

平日の引っ越しは、仕事とのバランスに注意して見積もりを

女性のイメージ写真

平日の引っ越しにも、デメリットはあります。仕事を休んで平日に引っ越しをしたことでの悪影響については、「仕事に支障がでる」という声が多いようです。

・「休みが週に一日しかないので、とても忙しい」(37歳/女性)
・「休みをとることで、仕事の進みが悪くなった」(30歳/男性)

平日に引っ越しをする場合は、仕事や職場の状況を見極めながら適切に判断することが求められるようです。

「有給が減る」(36歳/女性)という意見もあります。有給休暇をとって平日に引っ越しする場合は、いざというときに「足りない」とならないよう、残日数を確認しておくのがよいでしょう。

「近所の方に挨拶ができない」(39歳/女性)という意見も見られました。平日は出勤している方が多いため、引っ越しの挨拶をしようとしても、ご近所が不在のケースが多いようです。日を改めて挨拶に出かけるのを面倒だと感じてしまうのも理解できます。

引越し用トラックのアイコン

まとめ

平日の引越しはメリットが多い半面、配慮しなければならないこともあります。仕事に遅れが出たり、職場に迷惑をかけたりすることがないよう、状況を見ながら最適なタイミングで行うようにしたいですね。とくに休日に予約ができないなどの理由で、やむを得ず仕事を休む必要がある場合は、計画的かつ早めに見積もりをするのがオススメです。

画像:PIXTA

●調査概要
(※1)、(※2)
「引越しに関する実態把握調査」(リクルート住まいカンパニー)
【調査実施時期】 2013年3月22日(金) ~2013年3月29日(金)
【調査対象者】 18~69歳の男女
【調査方法】 インターネット調査
【有効回答数】 20,000サンプル
【調査実施機関】楽天リサーチ株式会社

(※3)、(※4)
[引っ越しに関するアンケート]より
・調査期間:2016年12月8日(木)
・調査方法:インターネット調査
・対象:20代~40代、男女
・有効回答数:224

※特記のない記事内データは、2018年11月時点の「SUUMO引越し見積もり」口コミデータより算出


見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

時期・時間・タイミングの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる