引越しのときに役立つ、段ボールの底が抜けないようにするコツ!

引越しのときに役立つ、段ボールの底が抜けないようにするコツ!

梱包した段ボールを両手で持った拍子に底が抜けて、中身が勢いよくドサドサと落ちてしまった……。みなさんそんな経験が一度はあるのでは?

引越しのときにこのようなことが起きたら、作業が中断するだけでなく、大切な荷物が破損・紛失してしまう可能性があるため、できるだけ避けたいもの。そこで、段ボールの底を抜けないようにするコツや、梱包のときの工夫をご紹介します。

ガムテープの貼り方で強度を上げる

引越しの段ボールは、必ずガムテープを使って閉じていきます。
段ボールの底を互い違いに組み合わせてガムテープを使わずに済ませるのは、底が抜けてしまうので絶対にNGです。

まず、段ボールの短辺のハネを折り曲げ、その上に長辺のハネを折り曲げて隙間なくきれいに綴じ、綴じ目に沿ってガムテープを貼ります。このとき、十字になるように、中央にもう一本ガムテープを貼るのがポイント。これによって段ボールの強度が格段に上がります。

引越しの荷物はすべてこの「十字貼り」が基本。さらに強度を上げたい場合は、クロスした部分の中央に合わせ、「米」になるようにあと2本ガムテープを追加すればOK。大切なパソコンや周辺機器などを入れた段ボールはこのようにすればさらに安心ですが、通常の荷物は十字貼りで十分です。

底が抜けるような重さにしない

当然ですが、段ボールが重くなれば、底が抜けるリスクも高くなります。段ボールの底が抜けないように、荷物の詰め方にも気をつけたいポイントがあります。

まず、本やCDなどの重いものは小さい段ボールに、衣類などの軽いものは大きい段ボールに梱包しましょう。また、一つの段ボールだけが重くなりすぎたり、段ボールの左右片側だけが極端に重くなったりすることも避けます。例えば、本を入れた段ボールの上半分は布製品にする、食器類を入れた段ボールの上半分には軽めのキッチン用品を入れるなどして、重さのバランスをとるようにしましょう。

一つの段ボールにぎゅうぎゅうに詰めたり、段ボールでなく紙袋などに入れたりするのも厳禁。段ボールが破損したり、引越し中に荷物が紛失したりする可能性が高くなります。

ガムテープの種類を変えて強度を上げる

引越し業者に依頼する場合は段ボールと一緒にガムテープをもらえることもありますが、自分で準備する場合は、ガムテープの種類を工夫することで、段ボールの強度を上げることができます。

通常のガムテープは「クラフトテープ」と呼ばれる紙でできたものですが、それに比べて「布テープ」は強度も粘着度も高いため、段ボールの強度が上がります。
ただし、布テープは強度が高い一方、クラフトテープよりも値段が高く、粘着度が強すぎて剥がしにくいというデメリットも。

クラフトテープは強度は低めですが、安価で、手でカンタンに切れるので使いやすいという利点もあります。引越しではガムテープをたくさん使うので、基本的にはクラフトテープを使い、強度を上げたいときにだけ布テープを使う、という具合に使い分けるのがおすすめです。

以上のように、ほんの小さな工夫で段ボールの底が抜けるようなトラブルを避け、また効率的に引越し作業をすることができます。引越しのときにはぜひ実践してみてください。


写真:PIXTA
掲載: 2016年9月8日

荷造りの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる