【SUUMO引越し】学生の引っ越しで押さえておきたい重要なポイント

入学時、学生の引越しで押さえておきたい重要なポイント

進学先が決まり、晴れて一人暮らしをする学生にとって、引越しは初めての経験ばかりだろう。新たなステージでいいスタートを切るためにも、引越しを中心に新生活に役立つポイントをまとめてみた。

一般賃貸住宅、学生会館、学生寮…その違いは?

学生の引越しが増える2月から4月にかけては、1年のうちで最も引越し件数が多くなる時期。早め早めの段取りが、スムーズな引越しを行うポイントといえるだろう。

まずは物件探しから。学生が一人暮らしをするには、以下のような選択肢がある。

●一般賃貸住宅
民間企業や不動産オーナー、自治体などが所有・管理している物件。入居者が毎月決まった額の賃料を、所有者(大家)に支払う。物件数が多く、住みたいエリアや間取り、設備などこだわって選ぶことができるのがメリット。

●学生寮
同じ学校に通う学生がともに住む学生寮。多くは学校の敷地内、またはその近くにあるので、通学の利便性を重視したい人に向いている。一般の賃貸住宅に比べて、家賃が割安なのもありがたい。

●学生会館
学生寮と違い、自分が通う学校だけでなく、他校の学生とも同居する。集団生活の中で、様々な人と交流を深められる場が多いのが特徴だ。それぞれの学生会館には、寮父、寮母がおり、食事も提供されるので、規則正しい生活を送りたい人にオススメ。

●学生マンション・学生アパート
一般賃貸住宅とほとんど同じだが、住めるのは学生のみ。そのため、セキュリティ面が充実した物件が多いのがメリット。なかには、入居者同士の交流をはかるイベントなどを開催する施設もある。

●シェアハウス
ひとつ屋根の下に複数の他人と共有して暮らすシェアハウス。部屋は個々に分けられているが、リビングやキッチン、トイレ、浴室などは共有するのが一般的だ。他人との共同生活に抵抗がなく、さまざまな職業や年齢の人と交流したい人にぴったり。

●下宿
人の家の一間を借りて住むのが下宿だが、他人の家に下宿するスタイルは現在、あまり見られない。しかし、通学圏内に仲の良い親戚がいた場合、候補として考えるのもありだろう。

これらのメリット、デメリットを理解したうえで、自分に合った入居先を選ぼう。

物件を決める前に入念なチェックを

目ぼしい物件が見つかったら、内覧となるわけだが、遠方からの場合、何度も足を運んで訪れるわけにもいかない。当日のチェックを怠らず、1回の内覧で契約まで効率よく進めるようにしよう。

●学校までのアクセス
学生の場合、学校までのアクセスが物件を選ぶ際の一番の条件になるだろう。学校と同じ沿線に住み、電車で通学するのか、駅から多少離れても徒歩、自転車で通うのか。人によって選び方はさまざまだ。また、在学期間中に途中でキャンパスが変わったり、授業によって通うキャンパスが異なったりする人は、そのような点を含めて住む場所を決めよう。

●周辺環境をチェック
インターネットで物件周辺の環境を見ることができるが、やはり実際に足を運んでみないと分からないこともある。「最寄り駅から徒歩何分か」「病院や郵便局、コンビニなど周辺にある施設」「周辺の住人」「夜の街の様子」など気になるポイントをチェックリストに書き出しておこう。

●建物をチェック
周辺環境と同じく、建物と室内も欠かさずチェック。特に、駐輪スペースや掲示板、ゴミ置き場など共有部分の管理が行き届いているかは、見落としがちなポイントだけに、しっかりと確認しておきたい。

●部屋の中をチェック
室内は、広さや明るさ、収納など、生活に直接的にかかわる部分をひと通りチェック。さらに、窓からの見渡しや騒音、電源コンセントの数など、実際に住んだ時のことを想像しながら細部を見てみよう。あとでもう一度確認できるように、スマホなどで簡単に写真を撮っておくのも◎。

●契約に必要な書類を用意しておこう
気に入った物件があったら申し込みをして、審査が通ればいよいよ契約へ。このとき、契約者によって必要な書類が異なるので、以下を参考にしてほしい。

▼契約者が学生や未成年(親が保証人になる場合)
・親の収入を証明するもの
・親の身分証
・親の勤務先情報
・親の印鑑証明
・子どもの住民票
※ほか、不動産契約に準じて必要な書類を用意

▼契約者が親
・保証人の勤務先情報
・親の収入を証明するもの
・親の身分証明書
・保証人の印鑑証明
・保証人の収入証明の写し
・親の住民票
※ほか、不動産契約に準じて必要な書類を用意

学生に役立つサービスは?

入居先も決まり、いよいよ新生活に向けて引越しへ! というわけで、単身パックなど一人暮らしの引越しサービスが充実している「クロネコヤマトの引越サービス」から、引越し前後で役立ちそうなサービスをピックアップしてみた。

●単身引越サービス
引越し先に持っていく荷物の量が少ないから、手軽にお得に引越がしたい・・・という人には、「単身引越サービス」がオススメ!BOX単位の料金と、宅急便感覚の翌日お届けと時間帯指定配送で便利で安心です。(※配送日・時間帯は地域によって異なります)

●レンタル×単身引越サービス
一定期間の引越しで新たに家具や家電を買うのはもったいない……という人にオススメなのが、「レンタル×単身引越サービス」だ。引越しと同時に、新生活に必要な家具や家電をレンタルすることができる。

●らくらく家財宅急便
新生活において、兄弟や知人から家具・家電を譲り受ける場合があるだろう。そんな時に活用したいのが、「らくらく家財宅急便」。これは、ベッドやソファー、テレビなどの家具・家電をひとつから輸送してくれるもの。梱包から設置まで行ってくれるので、女性でも安心して利用できそうだ。

「クロネコヤマトの引越サービス」以外にも、このような学生や単身者に便利なサービスを提供している引越し会社はある。自分にあったサービスを探してみよう。

取材協力/クロネコヤマトの引越サービス

掲載: 2014年11月12日 写真: XiXinXing / Thinkstock

タイプ別の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる