引越しの「訪問見積もり」までに用意しておくことや確認しておくべきポイントすべて|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越しの「訪問見積もり」までに用意しておくことや確認しておくべきポイントすべて

ビジネスウーマンと話す夫婦

引越し業者に見積もりを依頼する場合、電話、インターネット、訪問といった方法があります。

訪問見積もりは引越し業者の担当者に自宅に来てもらい、荷物の量を直接その目で確認してもらえるので、もっとも正確な見積金額が出せるメリットがあります。
ですが、引越しをする機会はそう多くはないので、訪問見積もりに来てもらうことになっても、何を確認しておいたほうがいいのかが分からず戸惑ってしまう人は意外に多いもの。

そこで、アーク引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、ヤマトホームコンビニエンスの各社へのインタビューを参考に、「訪問見積もり時に確認しておくべきポイント」をいくつか紹介します。

■目次
引越しを決めてから見積もりをとり終わるまでの流れ
引越し訪問見積もりまでに用意すること・当日やることリスト
引越し訪問見積もりの当日にやること

見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

引越し用トラックのアイコン

引越しを決めてから見積もりをとり終わるまでの流れ

業者と打ち合わせをする女性

まずは引越しを決定してから訪問見積もりまでの流れと、訪問見積もり当日の流れの2つに分けて考えましょう。

■引越し決定~見積もり完了までの流れ
引越し先を決める

引越しする日を決める

引越し業者を決める

訪問見積もりの日時を決める

新居に持っていく荷物を決める

引越しの予算を決める

訪問見積もり


■訪問見積もり当日の流れ
挨拶(5分程度)

荷物の確認(10分程度)

引越し作業や日程の確認(10分程度)

引越し料金や日程を会社に確認(5分程度)

見積書の作成(10分程度)

引越約款の確認(5分程度)

ダンボールの受け渡し(5分程度)

訪問見積もり終了

引越し用トラックのアイコン

引越し訪問見積もりまでに用意すること・当日やることリスト

チェックリスト

こちらは、引っ越しの訪問見積もりまでに用意することと、当日やることのリストです。それぞれの内容については後述しています。

■引越し訪問見積もりまでに用意すること
(この記事の中の詳細に飛びます)
引越し日時を決める
引越しの予算を決める
部屋の片付けやいらないものの処分をする
引越し業者に依頼する業務内容を決める


■引越し訪問見積もりの当日にやること
(この記事の中の詳細に飛びます)
荷造り梱包用のダンボールはもらえるのか確認する
空になったダンボールは引き取ってもらえるのか確認する
荷造りは自分たちでどこまでするべきか確認する
ピアノなどの大型家具の運搬方法を確認する
引越し料金の支払い方法とタイミングを確認する
冷蔵庫と洗濯機の運搬準備を確認する
エアコンの取り付けなどオプション作業を確認する
新居の周りの道路幅を確認する
マンションのエレベーターを使って搬入するか確認する
持っていくか迷っている家具・家電があるか確認する
大切な家具や美術品があるか確認する
持っていく自転車、車・バイクがあるか確認する
犬や猫などペットの移動手段を確認する



引越し日時を決める

引越し日時を決める前に、まずは退去日と入居日を決めます。引越し日時を決めるときは、引越し業者とスケジュール調整をする必要があるため、訪問見積もり依頼が早ければそれだけ自分の要望に近い日時にあわせることも可能です。
だいたい引越しの3カ月前くらいから訪問見積もりの受け付けをしているところが多いです。

引越しの日が一日違うだけでも混雑具合や見積もり料金が変わることもあるため、日時の融通がきくのであれば一番安い引越し料金の日にするという決め方もできます。

一般的に引越し料金が高くなるのは、3月、4月で、月の下旬や土日、朝からの場合です。
逆に安くなるのは、1月、6月、7月、月の中旬や火曜、水曜で、時間帯は引越し業者におまかせという場合が多いです。



引越しの予算を決める

ここでいう引越しの予算とは、引越し業者に支払う引越し費用のことです。引越し料金というのは決まった額があるわけではなく、荷物の量と移動距離、引越しにかかわる引越し業者の人数、トラックの大きさ、それと先ほど説明した時期(繁忙期・オフシーズン)などによって決まります。

引っ越し料金はさまざまな要因で変わってくるため、複数の引越し業者に見積もりをとってそのなかで一番良い業者を選ぶ人が多いです。

見積もりをとるときは、インターネットでの一括見積もりが便利です。


見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター


部屋の片付けやいらないものの処分をする

新居に持っていかない家電や家具などのうち、引越し当時までに使わないものは訪問見積もりする前にできるだけ早めに処分しましょう。というのも行政に粗大ゴミの回収をお願いする場合、すぐに対応できるとは限らないからです。

あらかじめ申し込みをして、粗大ゴミの回収日に指定の場所に置いておく必要があります。引越し直前まで使いたいけれど、新居には持っていかないものについては、引越し業者に相談しましょう。

また訪問見積もりまでには、部屋の中は整理整頓して掃除をしてきれいにしておくと、引越し業者の営業担当者が正確な荷物量を把握できます。

引越し時の粗大ごみ処分の方法とは。3種類の方法を紹介




引越し業者に依頼する業務内容を決める

荷物の量でも引越し料金やどういうサイズのトラックを用意するのかが決まってきますので、新居に何を持っていくのか、持っていかないのかは訪問見積りのときまでに決めておくといいでしょう。

荷造りや荷ほどきも引っ越し業者にお願いしたい場合も、訪問見積り時に伝えます。

また、美術品やピアノなどの特殊な荷物がある場合や、エアコンの取り外し・取り付けなどもあるのでしたら、訪問見積り当日に相談するといいでしょう。


↑ページの先頭へ戻る

引越し用トラックのアイコン

引越し訪問見積もりの当日にやること

電卓とダンボールのイメージ


荷造り梱包用のダンボールはもらえるのか確認する

引越しを依頼することになった場合、多くの引越し業者が自社のダンボールを用意しており、それをもらうことができます。

一般に、「引越しに必要なダンボールの数は1人につき約20個」といわれています。もちろん個人差があるのでこの数字から10個ほど前後することも珍しくありませんが、仮に20個のダンボールが必要だとすると、そのすべてを自分の手で用意するのは大変です。

どこかからもらって調達してくるのは手間ですし、買うにしてもそれなりの出費になります。引越し業者からサービスでもらえるならそれに越したことはありませんよね。

そこで訪問見積もりの際に確認しておきたいのが以下の4つのこと。

<引越しの訪問見積もりチェックポイント ダンボール>
・ダンボールを無料でもらえるか?
・何個まで無料でもらえるか?
・もしその個数以上に必要になった場合はどうすればいいか?
・追加分のダンボールを購入できるのであれば1個当たりいくらか?

ちなみに、ハート引越センターを例に取ると
「お引越しに必要なダンボールは基本的に差し上げていますが、追加になると有料になるケースもあります。また、ほかの方が使った後の比較的きれいな状態のものを『リサイクルダンボール』としてお届けすることができます」
とのこと。

近所のお店でもらってくるという方法もありますが、届けてもらえるなら助かりますね。

荷造り梱包用のダンボールを確保することは引越しのファーストステップ。まずはこの点をすっきりさせて、気持ちよく引越し準備を始めましょう。
引越しの「ダンボール」入手方法・荷造り・処分方法まで徹底解説!



空になったダンボールは引き取ってもらえるのか確認する

荷物を新居に運び入れたら、最後に待っているのが荷ほどき作業です。この過程で出るのが空っぽになった大量のダンボール。これを処分すれば新居もスッキリし、ようやく引越しがひと段落した実感がもてることと思います。

不要になったダンボールを処分するには「ゴミ捨て場に捨てる」「回収業者に引き取ってもらう」などの方法がありますが、ほかに「引越し業者の引き取りサービスを利用する」という方法もあります。引越し業者に引き取ってもらうのが、手間と費用が一番かからないのでおススメです。

まず、「荷ほどき後、ダンボールを引き取ってくれるか」を引越し業者に確認する必要がありますので、この点を訪問見積もり時に聞いておきましょう。

そして、もし「引き取りをやっている」と分かったら、その引き取りの詳細も聞いておきましょう。
例えば「有料か、無料か」「無料で引き取ってもらえるのは最初の1回だけか? 2回目以降お願いするといくらかかるか?」「引越し後、何日以内に連絡すれば引き取りに来てもらえるのか?」といったことです。

ダンボール引き取りサービスのルールは各引越し業者によって違いますので、その詳細を把握しておくことが肝心です。



荷造りは自分たちでどこまでするべきか確認する

「荷造りをどこまでやっておくべきか?」も訪問見積もり時に確認しておいたほうがいい事柄です。

引越しの荷造りといえば基本的に「荷物をダンボールに詰めてフタをする作業」のことを指しますが、これを引越し業者が代わりにやってくれることがあります。
その場合には自分たちが荷造りをどれくらい進めておけばいいのかを知っておきたいですよね。

荷造りの一部を引越し業者にやってもらう場合には、その作業は「荷造りパック」などのオプション内の作業として料金が発生している可能性があります。

ここを確認しておくことで、「本当は自分たちで荷造りしても良かったのに、荷造りしてくれるって言うから任せたら料金が高くなっちゃった……」といった間違いやトラブルをなくすことができます。

荷造りを全部自分たちの手で済ませる場合でも、「タンスや引き出しの中身は全部出したほうがいいか?」や「大型の家具・家電はどうすれば? 当日作業スタッフに梱包してもらえるのか?」などは引越し業者によって対応が異なるため、事前に確認をしておくのが無難です。

例えば「炊飯器などの小型の家電はそのままでOK。こちらで梱包して運びます」(アリさんマークの引越社)といった回答があると、安心して梱包作業ができますよね。



ピアノなどの大型家具の運搬方法を確認する

引越しで運ぶ荷物のなかにピアノなどのとりわけ大きい家具がある場合は、訪問見積もり時にその旨伝えましょう。

訪問見積もり時、担当者は「大きな家具・家電があるかないか」を真っ先にチェックしているので、特に何も言わなくても向こうから「このピアノは新居に持っていかれますか?」と質問されますが、自分から相談する意識をもっていたほうが間違いを減らせます。

ピアノのような大型で重量のある家財は階段、エレベーター、玄関、廊下、ドアを通らない可能性があります。もし「ピアノの幅が広くて玄関を通らない」となったら、クレーンでピアノをつり上げて窓から運び入れるといった方法を採ります。

クレーンを当日手配するとなると追加料金がかかりますし、空き状況によっては手配できずその日のうちに引越しが終わらないおそれも出てきます。そうならないためにもクレーンを手配するのであれば前もって決めておき、その料金を含めた見積もりを出してもらうのがベスト。

ピアノなどの大型家具を持っている人は、担当者にどうするべきかを相談しましょう。担当者からアドバイスや「新居の玄関の幅を測っておいてください」といった指示があるかもしれません。

引越し時、ピアノを自分で運ぶのはNG? 安全なピアノ運搬の方法とは



引越し料金の支払い方法とタイミングを確認する

引越し料金を支払う方法や、支払いのタイミングについても聞いておきましょう。

現金での支払いならまずどこの引越し業者も対応しています。このほかにクレジットカードや銀行振り込みといった支払いが可能な引越し業者もあります。自分の好みや都合にあった支払い方法を選ぶといいでしょう。

ちなみに今回の4社はすべてクレジットカード利用OK! 対応しているカード会社や支払いルールに違いはあるものの、カードを利用できる引越し業者は多いようです。

クレジットカードの支払いを希望する場合は、作業スタッフに準備が必要ですので、前もって「カードで支払いたい」ということを伝えておかなければなりません。

訪問見積もりの段階ではまだどこの引越し業者に依頼するか決めていなかったとしても、クレジットカードで支払うことを決めているのであればその旨を伝えるようにしましょう。



冷蔵庫と洗濯機の運搬準備を確認する

家電のなかには引越しの際に特に注意して準備するものがあり、それが冷蔵庫と洗濯機です。引越し前にきちんとした処置を施しておかないと運搬中にほかの荷物を濡らし、最悪の場合は故障してしまう可能性もあります。

冷蔵庫は中のものを引越し当日までに空っぽにしておくことはもちろんのこと、ほかに「水抜き」や「霜取り」という処置も必要です。

自分でやる必要があるので、やり方をネットで調べたり引越し業者に教わったりしておくといいでしょう。新しい冷蔵庫や洗濯機にはこれらの処置が必要のない場合もあり、「この型なら必要ないですね」といったアドバイスをしてくれることもあります。

また、洗濯機の給水・排水ホースは自分で外して水抜きします。電源コードもまとめて冷蔵庫に養生テープで貼り付けておくと運びやすいです。

引越し当日に作業員が作業してくれる引越し業者もあるため、「外す作業はできるだけ自分ではやりたくない……」という人はスタッフに質問してみるのも良いでしょう。

引越しで、洗濯機を運ぶ時の注意点は?



エアコンの取り付けなどオプション作業を確認する

旧居から新居へとエアコンを持っていく場合、エアコンの取り外しと取り付けをやってくれる引越し業者もあります。

エアコンを持っていく予定がある人は「エアコンの取り外し・取り付けはしてもらえるか?」を確認しておきましょう。もし「対応している」という返事であれば、それがオプション作業か、追加料金はいくらかを確認しておきましょう。

引越し業者が用意しているオプション作業には、このほかにテレビの配線やインターネット接続などがあります。どういった作業をやってもらえるのかを知ったうえで、金額的にも納得いくものならお願いしてみるのもいいかもしれません。

引越し業者に依頼したほうがラクかも? エアコンの引越し方法



新居の周りの道路幅を確認する

新居の周辺の道路を見てみましょう。

「もし道幅が狭くて、大きいトラックでは家の前まで行けなかったり、時間帯によって通行止めがあったりする場合は事前に教えていただけるのがベストです。もしも当日にそのことが判明すると、見積もり時に算出していた作業量を超えてしまうこともあり、お客さまにとっても不利益になってしまいます」(アーク引越センター)とのこと。

作業が増えると、予定していた時間に終わらなかったり、応援のスタッフを手配したりする必要が出て、追加料金が発生してしまうこともあります。

訪問見積もり時にそのことが相談できていたら、前もって「少し小ぶりのトラックを用意する」「時間をずらす」といった対策を立てることも可能です。
道が入り組んだ住宅街や、周辺の道幅が狭い新居に引越す人は、「大丈夫でしょうか?」と相談を持ちかけてみましょう。



マンションのエレベーターを使って搬入するか確認する

新居がマンションでエレベーターがあり、エレベーターを使って搬入作業を進めていく場合、その点について担当者と相談しておきましょう。

エレベーターが使えるか使えないかによって作業量が変わり、作業量によっては料金が変わる可能性があります。マンションによっては引越し時にエレベーターの使用許可が必要なところもあります。

新居のエレベーターの使用許可などに関しては、訪問見積もり時に詳しく調べておく必要はありません。

しかし担当者に相談しておくことで「新居は2階なのでエレベーターは使わなくても大丈夫です」や、「当日のエレベーターの使用許可を管理事務所からもらってください」といったアドバイスや指示をもらうことができます。



持っていくか迷っている家具・家電があるか確認する

新居に持っていくか、それとも引越し時に処分するか迷っている家具・家電がある場合はそのことを担当者に伝えておいたほうがいいでしょう。持っていく家具・家電を含めたパターンと含めないパターンで2種類の見積もりをつくってもらうこともできます。

また、これに関連して、その引越し業者が家具の引き取りサービスを行っているか、もし行っているのであればそれは無料なのか、いくらかかるのかといったことも確認しておきましょう。

引越し当日に「やっぱり捨てよう!」と決めると、引越し業者のプランによっては処分費がかかってくる可能性があります。追加料金の発生を避けるなら、見積もり時にしっかりと確認しておいたほうが安心です。



大切な家具や美術品があるか確認する

大切にしている家具やアート、美術品を持っているという場合は、その旨を担当者に伝えておきましょう。高価なものや貴重な美術品などは引越し業者に運搬を頼むことができず、自分で運ぶか別の専門業者を手配する必要があります。

運搬してもらえるという場合でも、万が一破損してしまった場合の補償内容について教えてもらっておいたほうが、引越し時の心配が減りますね。

また、複数社に訪問見積もりを依頼しているのであれば、一番納得のいく保証範囲を提示している業者に決定するといった決め方もできます。



持っていく自転車、車・バイクがあるか確認する

よくあるちょっとしたミスに、「家の中にある、運んでもらう予定の荷物はちゃんと全部伝えたけど、家の外にある自転車も運んでほしいというのを伝え忘れてしまった」といったケースがあります。家の外に置いてあるものなので、ついつい忘れてしまいがちですよね。

引越し当日に「そういえば自転車があったので、あれも積んでください」と言っても、空きスペースに積めれば解決できるかもしれませんが、自転車は意外とスペースをとることも多く、ほかの荷物を傷付ける危険もあるのだとか。別トラックの手配などで追加料金が発生してしまうこともあります。

また、車やバイクを持っている人は、それらについてどうすればいいかを聞いておくようにしましょう。

「自動車やバイクをお持ちで、当日の移動に使用されない場合はこちらであわせて輸送するオプションがありますよ」(ヤマトホームコンビニエンス)
といったように、引越し業者によっては車両陸送に対応してくれるところがあります。料金はいくらか、運搬には何日かかるかといったこともあわせて尋ねておきましょう。

自転車の引越しをトラブルなく安くおさえるポイント



犬や猫などペットの移動手段を確認する

基本的に生き物は荷物として運搬できないため、もし、犬や猫などのペットと一緒に引越しする場合は、動物専用のプランに申し込む必要があります。

ただし、すべての引越し業者がペットを運搬するプランを用意しているわけではないため、その場合はペット専門のペットタクシーに依頼する必要があるでしょう。
ベストなのは、自分でペットを移動させることです。観葉植物に関しては、ほかの荷物と一緒に運んでもらえることもあります。

ペットと一緒に引越し! 引越し方法や手続きなどを解説

引越しを決めたら、訪問見積もりまでの流れや決めることを確認しておくと、慌てることなくスムーズに引越し当日を迎えることができるでしょう。

また引越し当日の流れや確認する項目もおさえておけば無駄な出費もおさえることができます。分からないことがあったらそのままにせずにネットで調べるか、引越し業者に質問して疑問を解決しておきましょう。

取材協力
アーク引越センター
アリさんマークの引越社
クロネコヤマトの引越サービス
ハート引越センター


写真:PIXTA

見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

当日までの流れ動き方の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる