引越し時の粗大ごみ処分の方法とは。3種類の方法を紹介|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し時の粗大ごみ処分の方法とは。3種類の方法を紹介

引越し時の粗大ごみ処分の方法とは。3種類の方法を紹介

引越しをする際、想像以上にたくさんのごみが出てきます。ゴミの中でも、粗大ごみの処分をどうすればいいのか分からず困る人も多いでしょう。引越しの際の粗大ゴミを処分するために、どのような方法があるのでしょうか。三つの処理方法を紹介します。

■目次
1、自治体の粗大ごみサービスを活用
2、不用品回収業者や引越し業者を利用
3、リサイクルショップやインターネットで売却
家電リサイクル法について押さえよう
まとめ

見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

引越し用トラックのアイコン

1、自治体の粗大ごみサービスを活用

ソファを運ぶカップル

引っ越しの際に自宅から出た粗大ごみを処分する方法として、自治体が実施している粗大ごみ回収サービスを活用する方法があります。 各自治体では粗大ごみ回収サービスを設けており、一定の料金を支払うことでサービスを利用できるのです。ここでは、自治体の粗大ごみ回収サービスの特徴について解説します。

安く処分する方法

自治体の粗大ごみ回収サービスを利用するには、まず電話やインターネットを使って事前に申し込みをすることが必要です。 通常は自治体が発行しているシールをコンビニなどで購入し、そのシールを粗大ごみに貼り付けて、指定日時に自宅の前に出しておくのが一般的な利用方法です。

多くの自治体では、自治体の指定したごみ処分場に自ら粗大ごみを持ち込むと、処分にかかる料金が安くなる場合があります。粗大ごみを処分する際は、事前に自治体に問い合わせてルールを確認しておきましょう。


繁忙期は混み合うことも

引越しが多くなる3月や4月、年末の大掃除の時期などは粗大ごみが多く出る繁忙期に当たることから、粗大ごみ回収サービスも混み合うことが予想されます。 繁忙期を避けて、なるべく早い段階で粗大ごみを処分するよう心がけるとよいでしょう。


引越し用トラックのアイコン

2、不用品回収業者や引っ越し業者を利用

不用品回収業者

粗大ごみを処分する方法として、不用品回収業者や引越し業者を利用するというものがあります。これらの方法の具体的な内容や、処分費用の目安を紹介します。

手間をかけずに引き取ってもらえる

不用品回収業者や引越し業者はごみ処分のプロです。処分のノウハウをもち、スタッフも複数人そろえていることから、手間をかけずに引き取ってもらえるというメリットがあります。 迅速な処分を希望するのであれば、不用品回収業者や引越し業者を利用するとよいでしょう。


処分費用は?

自治体の粗大ごみ回収サービスと比べると、料金は割高になってしまいます。しかし、スケジュールに融通がきいたり、自分で玄関先まで運ばなくてもいいなどのメリットもあります。


引越し用トラックのアイコン

3、リサイクルショップやインターネットで売却

不用品をインターネットで売却する様子

自分にとっては不要になった物でも、他の誰かにとっては必要な物かもしれません。 粗大ごみの処分方法として、リサイクルショップやインターネットで売却するという手段もあります。ここでは、リサイクルショップやインターネットで売却する際の特徴や、注意事項を紹介します。

出張買い取りサービスも存在

リサイクルショップの中には、自宅まで出張して買い取りを行ってくれる業者があります。このサービスを利用すると、粗大ごみになる予定だったものが高く買い取ってもらえる可能性があるのです。 買取金額は業者によって異なるので、事前に見積もりを取るとよいでしょう。


オークション・フリマアプリなどで売る際に注意すること

オークション・フリマアプリに出品する際は、できる限り商品をきれいな状態にすることをおすすめします。汚れなどを取り除いて見た目を整えるだけで、高値が付く可能性があるからです。

もし、傷や不具合があるようなら、必ず正直に申告しましょう。取引後にトラブルとならないよう、誠実に対応するように心がけることが大切です。


引越し用トラックのアイコン

家電リサイクル法について押さえよう

冷蔵庫のリサイクル

地球環境に配慮して、資源を有効活用する目的で、平成13年(2001年)4月より家電リサイクル法が施行されました。この法律では、対象となる特定の家電製品を処分する際の義務などが定められています。 ここでは、家電リサイクル法の具体的な内容を紹介します。

家電リサイクル法とはどんな制度?

家電リサイクル法は、家電の小売業者に対する家電の引き取り義務、製造業者には再商品化の義務、消費者には処分する際に料金を支払う義務を明示しています。

対象とする家電製品を処分する際に、その家電製品にかかわった人や組織に対して義務を課すことでリサイクルを促進し、循環型社会を実現させることが目的です。

参照:環境省『家電リサイクル法の概要』


対象商品をチェック

家電リサイクル法の対象商品は以下の4品目です。

• エアコン
• テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
• 冷蔵庫及び冷凍庫
• 洗濯機及び衣類乾燥機

これらの品目について、ワイヤレスリモコンや取り付け金具、据付部材や工事部材などの付属品も含めて家電リサイクル法の対象商品になるので注意しましょう。


引越し用トラックのアイコン

まとめ

引越しの際に発生する粗大ごみの処分に頭を悩ませる人は少なくありません。粗大ごみの処分方法はいくつもあるので、自分の状況に合うものをうまく利用できれば、スムーズに粗大ごみを処分できます。

引っ越しを行う予定のある人は、この記事を参考にして、適切に粗大ごみを処分しましょう。

写真/PIXTA

見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

  • クロネコヤマトの引越サービス
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • KIZUNA引越センター

掃除・不用品処分の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる