【SUUMO引越し】引越し費用を抑えるワザ編

引越し費用を抑えるワザ編

誰もが、「引越し費用はできるだけ抑えたい!」と思っているはず。そこで、金銭的負担を少しでも抑える方法や、運送費用以外にかかる料金などを紹介する。少しでも割安な引越しを実現させるために役立ててみよう。

引越し費用を安く抑えるコツは?

割安に引越しをしたいなら、繁忙期を避けるのが鉄則だ。新生活をスタートさせる人が多い春は、引越し料金が高くなりがち。急いで引越す必要がないのなら、梅雨の6月や閑散期の11月~1月を選ぶようにしよう。

また引越し料金は、曜日によっても大きく変わる。土日・祝日よりも平日のほうが安く設定されていることが多いので、平日の引越しがオススメだ。さらに安く済ませたいなら、時間を指定しない「フリー便」を活用するとよい。ただし、引越し会社の都合のいい時間に来てもらうため、予定が立てにくいというデメリットがあることも覚えておこう。

また、一人暮らしで荷物が少ない人向けの、単身者向けプランも、割安な料金設定になっていることが多い。

荷物の運送費用以外にかかるお金ってあるの?

「引越し費用=運送費用」と思いがち。ところが、それ以外の費用が必要となるケースも少なくない。エアコンやトイレの温水洗浄便座、テレビのBS/CSアンテナの取り付け、取り外し費用などが一例だ。引越し費用には、関連の工事費用がかかることもしっかり頭に入れておこう。

また、不要になった家電や家具を処分するのにもお金がかかる。無料で不用品の処分を行ってくれる引越し会社もあるが、ネットオークションやリサイクルショップ、フリーマーケットなどを上手に活用すれば、引越し費用の足しにすることが可能。自分で処分することで荷物の数を減らすことができ、そのぶん引越し費用を抑えられるという一石二鳥の効果も期待できる。

近距離の場合、引越し会社に頼むのと自力で引っ越すのとでは、どちらがお得?

時間や手間をかけずにスムーズに引越しをしたいなら、その道のプロである引越し会社に依頼するのがオススメ。けれども一人暮らしで荷物が少なく、新居までの距離もそう遠くない場合は、自分で簡単に済ませられるケースもあるだろう。この場合にかかる費用は、軽トラックなどのレンタカー代とガソリン代のみ。

単純に金額のみで比較するなら、自力で行ったほうがお得であることは間違いない。ただし、友人などに手伝ってもらった場合に謝礼を払ったり、食事をご馳走したりしていると逆に割高になってしまうことも。本末転倒にならないためには、自力でやろうと思った場合でも複数の見積もりをとって引越し料金の相場を知っておくことが大事だ。

関連記事 引越し費用の相場はいくら?「データからみえてくる!みんなの引越し実態調査」

掲載: 2013年4月1日

費用・料金 ・相場の記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

あなたの引越しはいくら?一番安い引越し業者を探す

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる