【SUUMO引越し】引越しの見積もりを取るタイミングはいつ?

引越しの見積もりを取るタイミングはいつ?

引越しをすることが決まったら、すぐにでも引越しの見積もりを取りたいもの。しかし明確な見積もりを取るには、新住所や荷物の量などが決まっている必要があります。また、引越し繁忙期には早めに予約をしないと希望日に引越しをするのが難しくなる場合も。引越しの見積もりを取るタイミングはいつごろがよいのでしょうか?

見積もりに必要なポイントとは?

引越しの見積もりを依頼する際に必要なのは、まず、引越し先の住所と希望日を決めておくことです、見積もりを依頼すると、引越し会社はその日程でトラックを押さえることになるため、少なくとも第3希望まで決めてから依頼しましょう。
また、引越し料金は、荷物の量や、引越し先が何階なのか、エレベーターがあるのか、トラックが入れるのかといった建物の条件によって異なります。そのため、荷物の量がはっきりしない段階では作業員の人数や作業時間、トラックの大きさなどが決まらず、見積もりをしてもらうことができません。さらに、見積もり後に荷物の量が変わると、引越し当日に積み残しが出ることも考えられます。また、建物の条件によっては作業員の人数やトラックの大きさが変わり、追加料金が発生することも。事前にしっかりと説明し、正確な見積もりをしてもらいましょう。

繁忙期は早めがオススメ

就職や進学などで引越しをする人が集中する3~4月は引越し会社の繁忙期。人事異動の多い9月末や年末に当たる12月も、3~4月ほどではありませんが混みあいます。そのため、この時期はたとえ1カ月前でも平日の予約すら難しいことも。もしこの時期に引越しを考えている場合は、引越しの見積もりもできるだけ早く取っておきたいところです。ただ、あまり早いと新居がまだ決まっていないということもあるので、その場合は、引越し会社に予約だけでも入れておくと安心です。引越し会社によっては、引越し先が決まっていなくても概算見積もりを出してくれるところもあります。繁忙期は予約が取りにくいだけでなく、引越し料金も高めに設定されているため、可能であれば引越し時期をずらすことも検討してみるとよいでしょう。

引越しの見積もりを取るタイミングはいつ?

引越しの見積もりは、1カ月ぐらい前には取りたいもの。見積もりを取る時期が早ければ日程や時間帯、プランなども選べ、会社によっては割引サービスを受けられることもあります。繁忙期以外の時期でも、土日や祝日などは引越し希望者が多く、予約が集中しがち。また、ほとんどの賃貸住宅では家賃の支払いが月ごとになっているため、月末に当たる第4週は引越し希望者が多く、予約が取りにくくなります。通常、賃貸住宅では1カ月前までに「退去予告」を行うことが求められますが、もし、引越し希望日に予約が取れなければ、退去日が延びて余計な家賃がかかることも。引越しの希望日がはっきりしている場合は、1カ月前を目安に、退去予告と同時に見積もりを取ることをオススメします。

掲載: 2015年12月17日 写真: photo-ac


会社選びの記事
よく読まれている記事

引越し対応エリアから探す

現住所(現在の住居)の都道府県をクリックしてください。
SUUMO引越し見積もりでは、各都道府県の住みたい街ランキングを確認できます。
いま住んでいる街や住みたい街の情報をチェックして、引越しに役立てよう!

口コミ20,934件から、引越しの平均・最小・最大料金を表示!
  •  引越し時期
  •  引越し先
  •  引越し人数
平均
33,942 円
 

※ 引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。

↑ページの先頭へ戻る

簡単操作で安心・信頼の引っ越し会社へ無料で一括見積り依頼!引越し情報をお探しの方は、【SUUMO(スーモ)引越し見積もり】で。気になる引越し料金の一括比較も簡単。全国から厳選された会社からじっくり引越しについて比較ができます。

引っ越し前日や当日にやることをまとめた読み物や、引越し手続きのポイント、引越し手順やイロハ、荷造りや家財道具のチェックリストに関連用語集に至るまで引越に関するお役立ち情報も充実しているから引越し準備も安心。引っ越しの見積もりをお考えなら当サイトへおまかせください!

あなたの引越しを見積もってみよう!
あなたの引越し料金を調べる